1. お金借りるならtop
  2. アコム
  3. ≫アコムは学生でも借りれる?学生が即日で借りる方法を専門家が解説!

アコムは学生でも借りれる?学生が即日で借りる方法を専門家が解説!

スマホでお金を借りている学生
学生さんの場合、合コンやサークル活動、飲み会などでお金を必要になるケースが多々ありますよね。

そんな時に知名度が高い「アコム」での借入を検討する人も多いかと思います。

しかし、学生さんですと収入が低いケースが多いため、「そもそも審査に通らないのでは?」という不安もあるでしょう。

そこでこの記事では、アコムは学生でもお金を借りることは可能なのか?を解説していきます。

当サイトは貸金業務取扱主任者が全面監修していますので、安心して見てください。

アコムは学生でも問題なくお金を借りれます!

アコムからお金を借りている画像
アコムは学生でもお金を借りることが可能ですので、申込してもらって問題ありません。

アコムの申込条件は「20歳以上の安定した収入と返済能力を有し、アコムの基準を満たす方」という簡単なものです。

このため、20歳以上で収入があれば、学生でも問題なく利用できます。

注意点は未成年者は借りることができません。その理由は、未成年者が親の同意なく契約をした場合、後ほど契約の取り消しができると民法5条に規定されているからです。

1.未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。

2.前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。

3.第1項の規定にかかわらず、法定代理人が目的を定めて処分を許した財産は、その目的の範囲内において、未成年者が自由に処分することができる。目的を定めないで処分を許した財産を処分するときも、同様とする。
(引用元:民法5条-Wikibooks

仮に未成年の学生が親の同意なくアコムで借りた場合、親が知った時点で契約取り消しができ、過去に支払った利息等も返還しなければなりません。

そのようなリスクある貸付はカードローン会社は行っていません。

学生でも20歳以上でなければお金を借りることができないのです。

2022年4月より18歳以上でカードローン契約が可能!?

成年年齢が2022年4月より18歳に引き下げられます。
(参考サイト:18歳から大人に!成年年齢引き下げで変わること、変わらないこと│政府広報オンライン

約140年ぶりに成人の定義が見直しされることで、当然カードローンも18歳以上で申込できる可能性が高くなります。

2022年4月からは18歳以上で親の同意なしでも様々な契約ができるようになります。

先ほど説明した未成年者取消権は18歳未満に変更になり、カードローン以外でもクレジットカードも作れるようになります。

しかしながら、当然お金を借りるには審査があります。仮に18歳になっていたとしてもアルバイトなどの安定収入がなければ審査に通ることは難しいでしょう。

JAバンク・ろうきんなら未成年でも借りることができる?

アコムなどの消費者金融や、銀行カードローン、クレジット会社などは未成年者への貸付は行っていませんが、JAバンクと労働金庫に関しては、未成年者でも貸付を行っている商品があります。

未成年者貸付に対応しているローンには条件があります。

  • 未成年者は親の同意が必要
  • 安定収入があり前年度150万円以上の所得が必要
やはり親の同意は必須になり、収入についても前年度150万円以上が多くのローンで必要となっています。

上記の2点をクリアすれば未成年者でもお金を借りることは可能となっています。

アコムはアルバイト収入しかなくても問題なし!

アルバイトしている大学生
アコムはアルバイト収入しかない場合でも、審査に通る見込みは十分あります。

学生さんの収入源というとアルバイトが中心になり、どうしても年収が低くなるため、「審査落ちになるのでは?」と不安な人も多いでしょう。

しかし、アコムの審査では収入の多さよりも継続性を重視されます。

このため、アルバイト収入しかない場合でも、審査に通過できる可能性があるんですね。

実際、口コミを見ていても、学生アルバイトでも多くの人が借入に成功していますし、アコムの公式サイトにも次のように記載があります。

アルバイト・パートでも契約できますか?画像
(出典:アコム「よくある質問」

よって、アルバイトでも審査に通過できるので心配は入りません。

アルバイトでもなるべく勤続は長い方が審査に通りやすい

アルバイトでも1ヶ月しか働いていない人と、1年以上働いている人では審査の評価が変わってきます。

学生なので社会人ほど審査への影響は大きくありませんが、勤続年数は重要な審査項目であることには違いありません。

勤続が長いほど限度額が大きくなる可能性があります。

学生の場合、初めてカードローンを利用する人が大半だと思われますので、収入証明書は基本的に提出は不要です。

貸金業法によって、借入希望額が50万円超(500,001円~)または、他社貸金業者の借入額と今回借入希望額の合計が100万円超の場合は収入証明書の取得義務がありますが、それに該当しなければ給料明細等の収入証明は不要なのです。

そのため、アルバイトに入ってまだ2週間で最初の給料も貰っていない学生でも借りれる可能性は充分にあるのです。

もちろん保証人や担保も必要ありません

アコムは保証人や担保も不要で借入できます。

無担保ローンであるため、アコムは保証人や担保をもとに融資するわけではなく、申込者の返済能力と信用をもとに融資します。

このため、両親へ保証人を頼んむことや、担保となる品物も用意しなくてOKです。

学生の場合限度額は低めになる可能性が高い

アコムは学生でも借入可能ですが、限度額は低めになる可能性が高いです。

限度額は申込者の返済能力と信用によって決まりますが、学生の場合、どうしても返済能力と信用が低く評価されてしまいます。

このため、限度額も低めになることがほとんどです。

口コミを確認していると、10万円前後に設定されている人が多いため、最初は10万円程度の限度額になると思っておきましょう。

アコムは消費者金融なので貸金業法の総量規制が適用されます。

そのため、年収の3分の1までしか貸付することができません。仮にアルバイトで月10万円(総支給)の収入があれば年収は120万円になり、その3分の1になりますので、最高でも限度額は40万円しか借りることができません。

もし他社の借入が無く、年収120万円の学生であれば限度額は20万円~30万円は期待できるでしょう。

しかし、年収が100万円程度しかない学生の場合、限度額は10万円~20万円と思っておいた方が無難です。

ここまでの解説で、アコムは学生でも借入できることは理解してもらえたかと思います。

では、即日融資にも対応してくれるのでしょうか?

アコム公式サイトを見る

アコムは学生にも即日融資に対応してくれる!

アコムは、学生にも即日融資をしてくれるので安心してください。

アコムの審査時間は最短30分で、融資までは最短即日となっています。

この時間は学生だからといって変わることはありません。

ただし、即日融資を希望するときは以下の3つに注意しておきましょう。

  • 当日中に審査を終えられるようにする
  • 即日振込の時間を確認しておく
  • 在籍確認が即日できること

当日中に審査を終えるようにする

審査が終わらないと融資はされないため、当日中に審査を終えられるようにしてください。

アコムが審査に対応してくれる時間は「9:00~21:00」です。

審査時間は最短30分ですが、混み合っているときや、もっと詳しい審査が必要と判断されたときなどには、数時間かかるケースもあります。

そうしたことから、申し込みは余裕をもって早めにしておくのがおすすめです。

WEBからの申込は24時間受付しているので、前日の夜でも申込だけしておくと良いでしょう。

審査は原則申込順になっていますので、早めに申込した方が早く審査結果が出ます。

即日振込の時間を確認しておく

銀行への振込が即日反映される時間を確認しておきましょう。

アコムは契約後すぐに指定口座へ入金をしてくれ、原則24時間365日最短1分で即日融資が可能となっています。

但し、即日入金が反映される時間には、次のようにタイムリミットがある場合もあります。

  • 平日23:49まで(三井住友銀行・三菱UFj銀行・ゆうちょ銀行・みずほ銀行)
  • 24時間(楽天銀行)
  • 平日14:29まで(上記以外の金融機関)
即日入金のタイムリミットを過ぎてしまうと、当日中に口座へ入金がされませんので注意が必要です。

アコムの振込実施時間拡大(モアタイム)金融機関一覧

即日振込のタイムリミットに間に合わないときは?

アコムの不r込み実施時間拡大(モアタイム)金融機関一覧の口座を持っておらず、即日入金できそうにないときは、「ネットで申し込み→来店で契約」という方法がおすすめです。

来店で契約すれば、その場でカードを発行してもらえますので、発行されたカードを使いATMから借入できます。

ATMの場合、アコムATMなら基本「22:00まで」、コンビニであれば基本「24時間」利用できますので、振込よりも即日融資できる時間が長いです。

在籍確認が即日できること

即日融資を受けるには、在籍確認が即日できることも必須条件です。

アコムの審査には在籍確認がありますので、現在の勤め先に電話連絡があります。

在籍確認が終わらないことには審査も終了しないため、融資を受けることができませんので、即日融資には当日中に在籍確認ができることが必須なのです。

在籍確認は自分で対応しなくてもOK!

「申込当日は出社しないんだけど・・・」という人も多いかと思いますが、心配は入りません。

アコムの在籍確認は、申し込みした本人以外が対応してもクリアできます。

申込者が申告した勤め先に、在籍していることだけがわかれば良いため、バイト先の店長や社員が対応してもクリアできるのです。

アコムの在籍確認は他人にバレない!

アコムの在籍確認は「非通知・担当者の個人名」でされるため、他人バレの危険はありません。

先にお伝えしたように自分で対応できそうにないときは、バイト先の店長や社員に任せてしまっても問題ありません。

ただし、バイトに電話があることは稀かと思います。

そのため、事前に「クレジットカードに申し込みしたので電話がある」などと、バイト先の店長や社員に伝えておくのがおすすめです。

アコムの審査に通るにはこの5つの条件が重要!

ここからは、アコムの審査についてお伝えしていきます。

アコムには審査があるため、審査に通過しないとお金を借入できません。

そしてアコムの審査に通過するためには、次の5つの条件を満たすことが重要です。

  • 安定した収入がある
  • 他社借入が少ない
  • 総量規制をオーバーしない
  • クレカやローンの返済期日を守っている
  • 信用情報に事故情報がない

安定した収入がある

安定した収入がないと審査にはまず通りません。

ここで言う、安定した収入とは、毎月継続して得られることが可能な収入のことです。

アコムを利用すると、毎月返済をしていくことになりますので、返済ができるだけの収入がないといけません。

このため、アコムの審査に通るには、アルバイトやパートなどの収入が毎月ないといけないんですね。

他社借入が少ない

他社借入が少ないというのも審査通過の条件のひとつです。

アコムの審査に影響がある他社借入とは

アコムのようなカードローンの場合、他社借入とは次のような「無担保ローン」での現金借入が中心です。

  • カードローン・キャッシング
  • フリーローン
  • クレジットカードのキャッシング
他社からの借入額や件数が多いほど、毎月の返済負担が大きくなるため、返済に使えるお金が少ないと判断されやすくなり、審査に不利です。

アコムは、他社借入が審査に与える影響について非公開ですので、具体的にどれくらいあるとマズイのかはわかりません。

ただし、一般的には借入額で年収の3分の1以上、借入件数で3件以上からが危険とされていますので、それ以下におさえておくべきです。

総量規制をオーバーしない

総量規制をオーバーしていると、100%審査に通らないので気をつけましょう。

総量規制というのは、「貸金業者が融資できるのは申込者の年収の3分の1まで」という法律です。(貸金業者=消費者金融・信販会社・クレジット会社)

アコムは消費者金融であるため、総量規制が適応され、年収の1/3までしかお金が借入できません。

年収の1/3というのはアコムだけでなく、他の貸金業者の借入分も含みます。

このため、消費者金融や信販会社で借金がある状態でアコムに申し込むと、借金総額の分だけアコムで借入できる金額が減ります。

もし、貸金業者からの借金が年収の1/3をオーバーしていると、アコムの借入可能額が0円になってしまい、審査には通らないので注意です。

クレジットカードやローンの返済期日を守っている

アコムの審査に通過したいなら、クレカやローンの返済期日は必ず守ることが重要です。

理由は、アコムの審査では申込者のお金に関する信用度を確かめるため、クレカやローンの返済期日を守っているか調査するからです。

誰だって、返済期日を守らないような人にお金を貸したくはありませんよね。

それはアコムのおなじであるため、クレカやローンの返済を延滞してしまうと、審査に不利となります。

最低でも半年は一切、延滞がない状態で申し込みしたいところです。

信用情報に事故情報がない

信用情報に「事故情報」があると、ほぼ確実に審査落ちになると思ってください。

クレカやローンの返済中に以下のようなことを起こしてしまうと、信用情報に事故情報が記録されてしまいます。

  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)
  • 長期延滞(2~3ヶ月以上の返済遅れ)
  • 強制解約(契約を強制的に解除されること)
  • 代位弁済(返済を保証会社に立替えてもらうこと)
信用情報に上記のような事故情報がある場合、返済能力や信用力がないとアコムに判断されてしまいますので、高い確率で審査落ちになります。

「過去に事故情報を起こした」という人は、信用情報から事故情報が消えるまでの5年~10年は、待つしかないというのが現状です。

アコムで学生が即日でお金を借りるための手順

ここからは、アコムで学生が即日でお金を借りるための手順をお伝えしていきます。

先にもお伝えしたように、即日融資には注意点がありますので、以下のポイントを再確認しておきましょう。

  • 申し込みは早めの時間帯にする
  • 銀行振込のタイムリミットに注意
  • 当日中の振込が間に合わないときは「ネット申込→来店契約」にする
  • 在籍確認が当日中にできること

必要書類は基本「本人確認書類」だけでOK!

アコムの必要書類は、「本人確認書類」は「収入証明」ですが、学生さんの場合は本人確認書類だけ、用意しておけば良いかと思います。

なぜなら、収入証明が必要になるのは以下の条件に当てはまる人だからです。

  • 希望限度額50万円超を希望する場合
  • アコムの希望限度額と他の貸金業者の借入合計が100万円超になる場合
アコムは総量規制の対象であり、他の貸金業者と合計して年収の1/3までしか借入できないため、学生さんの場合は上記の条件に当てはまる人は稀です。

このため、本人確認書類のみで済むケースがほとんどなんですね。

よって、用意するのは以下のような本人確認書類のみ1点で大丈夫です。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート等

申し込みから借入までの流れ

申し込みから借入までの流れは、ネット申込の場合ですと、以下のような感じになります。

1.アコムの公式サイトから申し込み
2.申し込み受付メールの送信~メール内のURLから書類提出
3.審査
4.「契約手続きのお願い」メールを送信~契約
5.借入

申し込み作業では1点だけ注意があります。

それは、即日融資を狙うなら、書類提出の方法は「郵送」以外を選択しなくてはいけないことです。

書類提出の方法には以下の5つがあります。

  • アップロード
  • FAX
  • 店頭窓口
  • 自動契約機
  • 郵送
この中で郵送を選択してしまうと、アコムに書類が届くまでに数日かかってしまい、即日融資が受けられないので気をつけてください。

アコムは学生でも即日で借りれるのか?まとめ

アコムは学生でも問題なくお金を借りることができます。

20歳以上で毎月収入のある人なら、審査に通る見込みは十分ありますので安心してください。

即日融資も問題なくしてくれますので、スムーズにいけば今日中にお金を借りることが可能です。

アコム公式サイトを見る

シェアをお願いします。