1. お金借りるならtop
  2. カードローン
  3. ≫クレジットカード現金化でお金を借りるな!借入はカードローンがおすすめ!

クレジットカード現金化でお金を借りるな!借入はカードローンがおすすめ!

クレジットカード現金化画像
クレジットカードのショッピング枠を使用してお金を借りる方法をクレジットカード現金化と言います。

以前に比べるとクレジットカード現金化を業者は減り、街なかで目にする機会も少なくなりましたが、それでも今もクレジットカードによる現金化を行う業者は存在します。

先に結論を言うと、クレジットカード現金化による借り入れはおすすめできません。

実はクレカ現金化はカード会社の会員規約で禁止している行為で、一発で強制解約となるうえに全額一括請求されてしまいます。

また、予期せぬトラブルに巻き込まれることもある危険な方法でもあるのです。

カードローンなどでの新たな借り入れには審査が必要なため、これが面倒だという理由からクレカ現金化に手を出してしまう方も少なくないです。

クレジットカードにはキャッシング枠が付帯されているので、これを使って現金の借入が可能ですし、カードローンも安全にキャッシングできます。

今回はクレジットカード現金化とはどのようなものなのか?どんな危険やデメリットがあるのか?このあたりについて詳しく解説していきます。

クレジットカードの現金化について

クレジットカード現金化は主に次の2種類です。

  • 買取方式
  • キャッシュバック方式
それぞれ詳しく解説していきます。

買取方式とは?

買取式でクレカ現金化を行う業者は「買取屋」と呼ばれます。

買取方式のクレジットカード現金化は次の流れで行われます。

1.買取屋指定の商品をクレジットカードのショッピングで決済する
2.購入した商品を買取屋が買い取る
3.買い取り屋から現金を受け取る

簡単に言うとクレジットカードで購入した商品を、買取屋転売することで現金に替える方法です。

買取屋は、クレジットカードで購入した時よりも安く商品を買い取って、差額で儲けています。

キャッシュバック方式とは?

クレジットカード現金化業者で特に多いのがキャッシュバック方式です。

•業者取扱のキャッシュバック付き商品をクレジットカードで買う
•業者からキャッシュバックとして現金を受け取る

キャッシュバック方式では、業者が直接商品を販売する点が買い取り方式と異なります。

クレジットカード現金化の金利は高すぎる!

クレジットカード現金化を利用するうえで金利がいくらになるのかが一番気になるところではないでしょうか?

ここではわかりやすくするために具体的な数字を例にクレジットカード現金化の金利について解説していきます

例:ショッピング枠100万円のクレジットカード

1.クレジットカード現金化業者指定の商品100万円をカードで買う。
2.現金化業者が購入者の銀行口座に現金(90万円)を振込する
3.後日、購入商品が届く
4.購入商品を同じ現金化業者に売る

このような流れでクレジットカード現金化によって現金を手に入れます。

しかし、お気づきかと思いますがカードで購入した金額分が銀行口座に振り込まれることはありません。

今回の場合、差額分10万円は手数料として差し引かれているのです。

つまり90万円の現金を手に入れるために100万円の借金をしているのです。

では、この場合の金利はいくらになるのか?

仮にクレジットカード利用代金の支払い1ヶ月後とすると、90万円の借金が100万円に増えるので、利息は月利10%、年利換算で120%となります。

これが如何に暴利かおわかりいただけたかと思います。

他のローンに比べて金利が高いとされるカードローンでさえ年20%を超えることはありません。

クレジットカード現金化を利用する人は、消費者金融や銀行など金融業者から借り入れできない人が多いです。

また、一括払いや3回払いで支払うのが難しくリボ払いで支払いしていくことになり余計に苦しくなります。

クレカ現金化は違法じゃないのか!?

クレジットカード現金化は違法ではないですが、カード会社の規約に違反する行為です。

まずはなぜ違法ではないのか理由をお話します。

クレカ現金化を違法にする線引が難しい

クレジットカード現金化を違法とするには線引が難しいです。

現金化業者は、単に商品売買しているだけの体制で営業しているので、これだけでは営業方法としては何ら問題ありません。

たとえば、新幹線の回数券をクレジットカードで購入し、その後、使わなくなったので金券ショップへ売ると、そのショップは新幹線の回数券を買い取っただけに過ぎません。

現金化業者を利用する以上、現金化目的で新幹線の回数券をカード購入して、その回数券を買い取ってもらい現金を手にしますが、上記と行っていることは同じです。

このように、現金化目的ではなく購入した場合と現金化目的で購入した場合の線引というのは非常に難しいため、クレジットカード現金化は違法とされないのです。

クレジットカード現金化はカード規約違反になる

クレジットカード現金化は違法ではないですが、カード規約違反になります。

クレジットカードはキャッシング枠が付帯されていればこの機能を使ってお金を借りることができ、借入を目的とするなら本来はキャッシング枠を使用します。

クレジットカードのキャッシング枠は、カード会社が審査によって無理なく返済できると判断した金額しか借りられないように設定しています。

ですから、ショッピング枠で現金化されてしまうと、利用金額を払ってもられないリスクが高くなります。

こういった理由から、カード会社ではクレジットカード現金化を禁止しています。

クレジットカード現金化を利用しないほうがいい5つの理由

クレジットカード現金化を利用しないほうがいい理由は5つあります。

1.キャッシュバック率は守られない
2.個人情報悪用の危険性
3.カードの強制解約
4.利用代金の一括請求
5.ブラック入りする可能性あり

キャッシュバック率は守られない

そもそも論として、クレジットカード現金化業者は利用者を騙そうと考えて営業しています。

例えば、キャッシュバック率90%を謳う現金化業者でも、実際に利用してみると手数料や保証料などと言った名目で差し引かれて、結局手元に振り込まれるのは60~70%程度になることが多いです。

このように、提示しているキャッシュバック率が守られることはほとんどありません。

個人情報悪用の危険性

クレジットカード現金化では、現金化業者にクレジットカード情報だけでなく、電話番号や住所も教えることになります。

実際にクレジットカード現金化を利用してから、身に覚えのない請求をされた、知らない業者から勧誘の電話やダイレクトメールが頻繁にくるようになったといった事例もあります。

このようにクレジットカード現金化を利用することで個人情報が悪用され、中には犯罪に巻き込まれてしまう危険性があります。

カードの強制解約

先程說明したとおり、クレジットカード現金化はカード規約違反に当たる行為ですので、現金化が発覚した時点でカード会社から強制解約されてしまいます。

バレないと思って利用する方も多いですが、最近はクレカ現金化を見抜く技術が向上してきているので意外とあっさりバレてしまうようです。

利用代金の一括請求

カード会社にクレジットカード現金化の利用が発覚すると、強制解約されるうえに、利用代金の一括請求をされます。

分割返済が認められることはまずありません。

信用情報のブラック入りする可能性あり

クレジットカード現金化すると、次の支払日では高額な支払いが待ち構えています。

万が一、支払いできずに滞納が続けば長期延滞として金融事故登録されます。

これは俗にいうブラックリスト入りとなります。

ご存知の通り、ブラックリスト入りすると当面の間(5年~10年間)クレジットカードを作ったりローンを組んだりすることができなくなります。

クレジットカード現金化は、今後の生活に支障をきたす恐れさえあるのです。

クレジットカード現金化は危険!カードローンは安全!

クレジットカード現金化リスクが高い金策です。

お金を用意しなければいけないというのであれば、金融庁が認めている合法的方法でお金を借りるようにしましょう。

カードローンは金融庁が認めている方法です。

最短即日で借り入れも可能ですから、急ぎでお金が必要というときでも対応可能です。

クレジットカード現金化よりもカードローンをおすすめする3つの理由

クレジットカード現金化ではなくカードローンでの借入をおすすめする理由は次の3つです。

1. 正規の金融業者なら安心
2. 無利息サービスを活用してお得に借入
3. 必要なときにお金をすぐ借りられる

正規金融業者なら安心

クレジットカード現金化の利用は、カード規約違反にあたるだけでなく詐欺被害に遭うリスクが高いです。

これに対して、カードローンは正規の金融業者を利用すればリスクはありません。

大手の消費者金融は銀行グループの傘下ですし、銀行や信用金庫、さらには労働金庫でもカードローンを扱っています。

いずれも正規の金融業者・機関ですから、クレカ現金化業者のようなリスクはないです。

中には中小の消費者金融の利用を考えている方もいるかもしれませんが、そういった場合は 日本貸金業協会のホームページで正規の金融業者かどうかを判断するといいでしょう。

もっとも、カードローンは借金ですから借入は計画的に行わないといけません。

何も考えずにお金を借りてしまうと多重債務に陥る可能性があり、最悪の場合、自己破産することにもなりかねません。

お金を借りる場合は必要最小限に留めるようにしましょう。

無利息サービスを活用してお得に借入

大手消費者金融のカードローンでは、「30日間無利息」というサービスを利用することができます。

指定された期間内は利息が一切発生しないので、クレカ現金化のように余計な出費がなくお得に現金を手にすることもできます。

クレカ現金化では、現金化業者が得た利益分だけ損します。

中にはクレジットカードで商品を買ったのに音信不通になってしまい現金を手に入れられないケースもあります。

無利息サービスを使えば、ただでお金を借りることも可能ですから少しでもお得に借入するなら無利息サービスがあるカードローンがおすすめです。

必要な時にお金をすぐ借りられる!

カードローンを契約しておけば、必要な時にすぐお金を借りられます。

急な出費があっても、カード一枚でATMから現金を引き出せますし、ATMにいかなくても振込キャッシングでお金を銀行口座に振り込んでもらうことだってできます。

必要な分だけ借りられるから、借りすぎを防げるので安心です。

クレジットカード現金化のまとめ

いくらお金が必要だからと言ってもクレジットカード現金化を利用するのは止めましょう。

違法ではなくても、カードの利用規約違反にあたり強制解約と利用代金の一括請求をされ生活を圧迫しかねません。

また、現金化業者に個人情報を提供してしまうことになり、悪用されるリスクもあります。

働いて安定収入があるのであれば、カードローンで現金を用意するほうがよっぽど安全です。

カードローンは即日融資に対応しているので、急ぎで現金が必要になったときでもすぐ借りられるから便利です。

大手消費者金融や銀行など正規の金融業者なら安心して利用できます。