1. お金借りるならtop
  2. カードローン
  3. ≫お金が借りられない!?審査に通らない人に共通するある項目とは?

お金が借りられない!?審査に通らない人に共通するある項目とは?

審査に通らない人の特徴
カードローンやキャッシングでお金を借りるには、必ず審査に通る必要があります。

審査では落ちてしまう人もいますが、どのような人が落ちているかを知っておけば、これから審査を受ける上での参考になるはずです。

そこでこの記事では、お金が借りられない人(審査に通らない人)に共通する項目を分かり易く解説してみました!

審査に不安がある人は是非参考にしてみてください。

お金を借りる審査に通らない人の共通点はこの3つ!

カードローンやキャッングなどのお金を借りる際の、審査に通らない人の共通点は、おもに以下の3つです。

  • 安定した収入がない
  • 他社の借入額と件数が多い
  • 信用情報に問題がある
当たり前のことが3つ書いてありますが、お金を借りる審査は実は単純なものです。

返済できる能力があるのか?返済していく意思があるのか?ここが最も重要なポイントであり、審査はそれを見極める工程だと言っても良いでしょう。

返済できる能力というのは、年収だけではありません。独身か既婚によっても支出が変わりますし、すぐに会社を退職する可能性がある人は返済能力が有るとは言えないのです。

そのために勤続年数や役職、勤務先などを調査するのです。

お金を借りる審査は単純なことですが、借りる人以外がそれ(返済能力等の有無)を正確に判断するのは非常に難しいことです。

それを踏まえたうえで、3つの条項を見てください。

ちなみに、1つでも当てはまっている場合は、審査に通るのが難しくなります。

では、次章より、この3つについて詳しく解説していきます。

審査落ちの共通点1:安定した収入がない

お金が降ってくる画像
安定した収入がないと審査に通るのは難しいです。

ここで言う、安定した収入とは「毎月継続して収入を得ているか?」という点です。

カードローンやキャッシングの申込条件を確認すると、必ずといって、以下のように「安定した収入のある方」というような記載があります。

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
出典:アコム「貸付条件」

このため、安定した収入は、カードローンやキャッシングを利用するための、必須条件なのです。

よって、審査に通過するには働いており、毎月収入を得ていなくてはいけません。

安定収入の条件とは?

安定収入の条件は各社によって異なるため、一概には言えません。

しかし、一般的には仕事をしており、毎月収入があれば安定収入と見てもらえるケースが多いです。

サラリーマンはもちろんのこと、派遣社員、自営業、アルバイトやパートでもほとんどの場合は問題ありません。

ただし、スポット派遣や日雇いなどの単発の仕事ですと、収入の安定性(毎月の収入が見込めない)に欠けると判断され、審査に通らないこともあります。

毎月収入を得る見込みでも審査に通る?

毎月収入を得る見込みがある場合でも審査に通る可能性があります。例えば、会社に入ってまだ3週間しか経過していない人は、初回の給料がまだ支給されていない状態です。
しかし、会社の在籍確認がしっかりと取れ、保険証等で会社に勤務している証拠があれば勤続1ヵ月未満でも審査に通る可能性はあります。

安定収入は収入の多さではないので注意!

安定収入があるかは収入の高低よりも、継続性のほうで判断されるとも知っておきましょう。

例えば以下のようなAさん、Bさんがいたとします。

Aさん Bさん
職業 サラリーマン 自営業
年収 400万円 600万円
毎月の収入 変動なし 変動あり

この場合、AさんよりもBさんのほうが年収が多いですが、審査に有利なのはAさんです。

Aさんは毎月の収入額に変動がないため、収入に安定性があり、返済に使えるお金が安定していると見なされるからになります。

逆にBさんは、毎月の収入額に波があるため、月によっては返済に使えるお金がなくてなってしまう可能性も否定できません。

そうしたことから、カードローンやキャッシングの審査では、収入の金額の多さよりも継続性が重視されます。

個人事業主の自営業者は収入の安定性が低いため、収入が少ない人は借入が少なくても審査に落ちる可能性があります。

また、毎月継続して収入があっても、1万円程度しかないような極端に低いケースですと、審査に通過するのは厳しいので注意です。

審査落ちの共通点2:他社の借入額と件数が多い

他社借入が多い
審査に落ちる人には、「他社の借入額と件数が多い」という点が共通していることも多いです。

カードローンやキャッシングの審査では、必ず他社の借入額と件数を確認されます。

ここで言う、他社借入とは以下のような「無担保ローン」の現金の借入です。

  • カードローン・キャッシング
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • フリーローン
上記のような借入が多いほど、返済が苦しくなりますので、借入状況によってはそれ以上の融資が危険な場合があります。

そのため、審査落ちの原因になることがあるのです。

他社借入がどのくらいあると審査落ちになるかは、正確な情報がないため、言い切ることはできません。

しかし、一般的に借入額は年収の3分の1以上、借入件数は3件以上からが目安とされていますので、これ以下に抑えておくべきです。

貸金業者は総量規制という問題もある

貸金業者は「総量規制」にも注意しなくてはいけません。

貸金業者とは、貸金業登録している業者のことであり、主に消費者金融・信販会社・クレジット会社の3つを指します。

そして総量規制とは、貸金業者の融資(貸付)は申込者の年収の3分の1までというものです。

年収の3分の1は、すべての貸金業者の借入を合計しますので、すでに貸金業者から借入がある場合、その借入額もカウントしなくてはいけません。

たとえば、年収300万円の人が貸金業者で借入できるのは100万円までです。

ただし、すでに貸金業者から100万円借入しているような場合、

100万円-100万円=0円

となり、新たな貸金業者で借入では1円も借入できません。

このように、貸金業者には総量規制があるため、他社の借入状況によっては、それ以上の借入ができないケースもあるので気をつけてください。

信用情報は貸金業者以外の借入も分かるの?

貸金業法では審査時に必ず指定信用情報機関(JICCまたはCIC)の信用情報を照会し、申込者の返済能力を調査しなければならないとされています。

貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。
2.貸金業者が個人である顧客等と貸付けの契約(極度方式貸付けに係る契約その他の内閣府令で定める貸付けの契約を除く。)を締結しようとする場合には、前項の規定による調査を行うに際し、指定信用情報機関が保有する信用情報を使用しなければならない。
(引用元:貸金業法第13条-返済能力の調査

このことによって、貸金を業として営むには指定信用情報機関に加盟しなければなりません。

指定信用情報機関の加盟審査に通らなければ、貸金業は営業することができないのです。

この指定信用情報機関の信用情報は、加盟している業者は出てくるので、仮に銀行などがJICCやCICに加盟していれば、銀行の住宅ローンや自動車ローンなどの貸付も分かることになります。

しかし、住宅ローンや自動車ローンは総量規制の金額に含まれないので問題ありません。

逆に高額な住宅ローンが信用情報で判明した時、業者は返済能力の面で不安になるものの、銀行から高額融資を借りれる信用がある人と見る場合もあり、審査決裁者の考えで変わってきます。

審査落ちの共通点3:信用情報に問題がある


審査に落ちる人は、信用情報に問題があるという共通があることも多いです。

信用情報とは、あなたがこれまで利用した、クレジットカードやローンなどの利用記録のことで、先ほど説明したJICC(日本信用情報機構)とCICの2社になります。

信用情報はJICCとCICの2社しかないの?

信用情報機関は、JICC(日本信用情報機構)とCIC以外に、JBA(全国銀行個人信用情報センター)がありますが、貸金業法で定められている指定信用情報機関はJICCとCICだけです。(銀行はそもそも貸金業者ではありません)
指定信用情報機関制度とは、貸金業法で定められた一定の要件を満たし、貸金業法における信用情報提供等業務を行う者として内閣総理大臣の指定を受けた信用情報機関のことをいいます。
(参考サイト:指定信用情報機関とは│日本信用情報機構(JICC)

カードローンやクレジットカードの審査では、あなたの信用情報を確認されますので、以下のような問題があると審査落ちの原因になります。
  • 延滞記録
  • 事故情報
審査落ちの原因というか、この2つに該当した時点で審査は終了となるでしょう。

延滞記録が複数あると審査落ちの可能性大!

延滞記録が信用情報に複数あるような人は、審査に通らない可能性が高いです(ほぼ落ちます)。

延滞記録とは、そのままで「返済日を守らなかった」という記録になります。

クレジットカードやローンなどの返済記録は信用情報に記録されますので、返済日を守らないと、延滞したという記録が残ります。

1回程度の延滞記録であれば、うっかり忘れなどもあるため、それほど審査に影響しないケースも多いです。

しかし、何度もあるような場合は、審査の申込先に「この人はお金に関して信用できない」と判断され、審査落ちの原因になりやすいです。

もし、過去に何度か延滞した経験があるなら、最低でも直近半年は一切延滞がないようにしてから、審査に望みましょう。

審査で重視されるのは、過去よりも直近の返済記録であるため、直近の返済に問題がなければ、審査に通過できることもあります。

信用情報では直近の他社返済状況も分かります

JICCでは他社の直近半年~1年間の延滞の有無も分かるようになっています。

昔は前回入金の延滞状況しか判断できませんでしたが、今はある程度の期間の入金状況が分かります。

このため、「たった1日の遅れなら大丈夫だろう」と軽く考えている人は、信用情報に延滞の記録が残るため、今後様々なローンの審査が不利になります。

自分自身の信用情報を気にするなら、1日でも延滞するのはやめましょう。

事故(異動)情報がある場合はそもそも審査に通りません

信用情報に事故情報(正式には異動情報)がある場合は、95%審査に通らないと思っておきましょう。

事故情報とは、信用情報で「重大な金融事故」として扱われる、以下の4つを指します。

  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)
  • 長期延滞(2~3ヶ月以上の延滞)
  • 代位弁済(借金を保証会社に立替えてもらうこと)
  • 強制解約(契約中に強制的に契約解除になること)
カードローンやキャッシングの審査では、まずコンピューターによって審査をおこないますが、事故情報がある場合、問答無用でふるい落とされます。

事故情報を起こした人というのは、過去に大きな返済トラブルを起こした人がほとんどであり、お金に関しての信用に大きな不安があるためです。

このため、過去に事故情報を起こしてしまった場合は、信用情報から事故情報が消えるまで待つしかありません。

信用情報から事故情報が消えるのは、問題が解決してからおよそ5年です(延滞などは解消するまでずっと登録され続けます)。

先ほど信用情報に事故情報がある人は95%審査に通らないと言いましたが、なぜ95%なのか?

それは事故情報があっても中には融資をする業者が少なからずあるからです。

具体的には自己破産して免責が許可されて、今現在借入が無い人。また、債務整理をして全て完済して今現在借入が無い人。

上記2つのケースは中小消費者金融業者であれば貸付する可能性があります(大手消費者金融は借りれません)。

自己破産時と債務整理はそれぞれ別の事故情報(異動情報)として登録されていますが、今現在借入が無ければ返済能力は有りと判断して、10万円~20万円の少額融資で借りれる可能性はあります。

具体的な業者名は伏せますが、大手ではなく、中小の消費者金融を探せば比較的簡単に見つかります。

闇金と混同する人がいますが、事故情報があっても融資している正規消費者金融はあります。

必ず貸金業登録しているかを確認し、金融庁の登録貸金業者情報検索入力ページで検索してください。

検索で出てこれば正規金融業者なので闇金ではありません。

話が若干逸れましたが、カードローンやキャッシングで審査落ちになるのは、ここまでお伝えした3つがおもな原因です。

しかし、それ以外にも注意しておくべき点があるため、その点を次章より解説していきます。

短期間の複数申し込みは、申し込みブラックになる可能性があるのでNG!

申し込みブラックという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

申し込みブラックとは、短期間に複数社へ申し込みしたことが原因で、審査に通りづらくなってしまう状態のことを指します。

短期間に複数社へ申し込みした場合、融資する側に以下のような点を警戒されてしまうことがあります。

  • 相当お金に困っているため、融資すると貸倒れの危険がある
  • 大きな問題があって各社で審査落ちになっている
  • 不正利用を目的にしている
上記のような人にお金を貸すのは危険なため、融資する側は警戒して審査落ちにすることがあるのです。

申し込みブラックにならないためには

申し込みブラックになる基準は、一般的に1ヶ月に3社以上からとされています。

このため、1ヶ月に申し込むのは2社までにしておきましょう。

もし、「1ヶ月に3社以上申し込みしてしまった・・・」という場合は、最後に申し込みした日から、6ヶ月以上待ってください。

カードローンやキャッシンングの申込記録が信用情報に残るのは、6ヶ月です。

6ヶ月経てば記録は消えますので、申し込みブラックになっていたとしても、解除されます。

銀行カードローンは保証会社にも注意しておこう!

「過去に消費者金融で審査落ちしたことがある」という人が、銀行カードローンに申し込む場合、「保証会社」に気をつけてください。

保証会社とは、「保証業務」をする会社です。

保証業務とは、保証業務をすると契約している会社で、お金を借りた人が返済できなくなった場合、その借金を立替えるというものになります。

つまり、保証人の代用ですね。

銀行カードローンの場合、保証会社に保証業務を委託しているケースが一般的です。

そして、銀行カードローンの審査の大部分は保証会社がおこないます。

申込先によってはおなじ会社で審査を受ける羽目になる

消費者金融で審査落ちの経験がある人が、銀行カードローンに申し込みした場合、申込先の保証会社によっては、おなじ会社で審査を受ける羽目になるので注意です。

銀行カードローンの保証会社は、消費者金融であるケースが多数あるからです。

たとえば、「アコム株式会社」は、以下のようなカードローンの保証会社になっています。

  • 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
  • セブン銀行カードローン
  • じぶん銀行カードローン じぶんローン
アコム株式会社は、この他にも、多数の地方銀行系カードローンの保証会社になっています。

アコム株式会社は大手消費者金融の「アコム」です。

このため、たとえば、アコムで審査落ちになった人がバンクイックに申し込むと、再びおなじ会社で審査を受けることになってしまうのです。

審査の基準はカードローンごとに異なりますが、一度審査落ちになった会社でまた審査を受けるというのは、おすすめできません。

過去に消費者金融で審査落ちにした経験がある人は、これから申し込みするカードローンの保証会社がどこなのか確認しておいてください。

銀行カードローンで審査に落ちた場合も保証会社の確認は必要!

銀行カードローンで審査に落ちたことがある人も、保証会社がどこであったかを確認しておいてください。

保証会社を担当している会社は、多数の銀行カードローンの保証会社になっているケースが多いです。

申込先によっては、以前審査に落ちた保証会社でまた審査を受ける羽目になるので、保証会社の確認は必要です。

お金が借りられない!?審査に通らない人まとめ

借入するための審査に落ちてしまう人の共通点は以下の3つです。

  • 収入の安定性に欠ける
  • 他社の借入額と件数が多すぎる
  • 信用情報に延期記録や事故情報がある
この3つにひとつでも当てはまってしまうと、審査に通過するのは難しくなりますので、問題ないか申し込み前に確認しておきましょう。

また、短期間に複数社に申し込みしますと、申し込みブラックという状態になり、審査落ちの原因になることがあるので注意です。

過去にカードローンで審査落ちした人が、銀行カードローンに申し込む場合、保証会社がどこなのかも確認しておいてください。

申込先によっては、審査落ちしたのとおなじ会社で審査を受けてしまう羽目になります。

シェアをお願いします。