1. お金借りるならtop
  2. 未分類
  3. ≫ローソン・吉野家が奨学金?学生に民間企業が独自制度で奨学金支援へ

ローソン・吉野家が奨学金?学生に民間企業が独自制度で奨学金支援へ


日本には「奨学金制度」があり、進学意欲がありながら家庭の事情などで修学資金に余裕のない学生に対し、日本学生支援機構(JASSO)が奨学金を貸与しています。

奨学金には利息の付かない「第一種奨学金」と、利息(上限3%)の付く「第二種奨学金」の2種類があり、大学生の3人に1人以上の割合で、いずれかの奨学金を利用しています。

ところが、卒業後に借りた奨学金を返済できない人が少なくなく、3ヶ月以上の延滞者の割合が10人に1人となっており、延滞額の総額は約900億円にまで膨らんでいます。

中には、返済不能になったことで、自己破産の申請をする人も少なくありません。

奨学金制度では一般の貸付と同様、1ヶ月以上の延滞があると電話や文書による催促があり、2ヶ月目に入ると延滞金が科されるようになります。

そして、延滞が3ヶ月を超えると個人信用情報機関へ登録され、俗にいう「ブラックリスト」という履歴が残ります。

ここまでくると、クレジットカードやローンカードでの借入ができなくなります。

さらに、延滞が9ヶ月になると法的措置を講じられ、裁判所を通して支払いが督促されます。そうなると、残額を一括返済するしかありません。

ただし、奨学金のおかげで非常に多くの学生が有意義な学業を得られたのも事実です。

そんな中、民間の企業においても、独自の奨学金制度を設けて学生を支援するところが出てきています。

対象者や対象人数、奨学金の額、支援方法など、制度の内容はそれぞれの企業によって異なります。奨学金制度の例としては以下の2つの企業があります。

ローソンの奨学金「ひとり親家庭支援奨学金制度」

ローソンは「ひとり親家庭支援奨学金制度」を設けており、運営資金はローソンからの拠出金や店頭募金、取引先からの寄付などで賄われます。

奨学金の目的

ひとり親(母子等)家庭で就学が困難な学生を支援

ローソン奨学金対象者

中学校3年生、高等学校、高等専門学校、専修学校高等課程、特別支援学校(高等部)の1~3年生

奨学金応募資格

以下の条件をすべて満たせる学生

  • ひとり親(母子等)家庭の生徒で就学が経済的に困難な学生
  • 夢を実現するための意欲があり、社会への貢献を希望する学生
  • 全母子協の加盟団体の会員、及び入会を希望する親を持つ学生
  • 全母子協加盟団体代表者等の推薦を受けられる就学中の学生

受付方法

店頭の「マチの幸せ募金」

奨学金(返済不要)期間

最長4年間、1人に付き月額3万円

奨学金給付人数(第1回実施分)

400名(中学3年生106名、高校1年生108名、2年生87名、3年生99名)

奨学金審査

運営主体(寄付先)となる全国母子寡婦福祉団体協議会(全母子協)に加盟する各地域の56の母子団体が書類審査による第1次選考と、作文・面接による第2次選考を実施。

その後、有識者及び全母子協理事長、ローソン役員で構成された選考委員会で最終選考を実施し、400名の奨学生を決定。

なお、奨学金の支給対象外となった学生には、ローソンのプリペイドカード(QUOカード)3,000円分が進呈されます。

吉野家の奨学金制度

吉野家の奨学金制度は同社で働く学生アルバイトを対象として、入学金や学費分の資金が貸与されます。

奨学金目的

経済的に困窮している学生の支援、及び外食業界を支える人材の育成

奨学金対象者

大学に入学予定の吉野家で働く高校生アルバイト

応募資格

大学在学中、吉野家の店舗で週3時間以上勤務

奨学金(貸与)金額

入学金及び毎年必要となる学費を全額貸与

奨学金返済方法

卒業後に吉野家に入社して4年勤務すれば、返済を全額免除。外食業界団体、日本フードサービス協会の加盟業社に勤めた場合は半額免除。

貸与人数

上限、年間10人

吉野家など飲食チェーンの多くは店舗運営におけるパート・アルバイトの比重が高くなっており、また少子高齢化によるアルバイトの確保が容易ではないことから、奨学金制度には優秀な人材を呼び込む狙いもあります。

このように近年、企業における奨学金制度の導入が増加しており、今後の進展が見込まれています。

シェアをお願いします。