1. お金借りるならtop
  2. お金借りる
  3. ≫未成年でもお金を借りられるカードローンはコレっ!20歳未満が借入する方法

未成年でもお金を借りられるカードローンはコレっ!20歳未満が借入する方法

未成年お金借りる方法画像
お金が必要になったとき簡単な手続で借入ができるのが「カードローン」です。

しかし、カードローンの申込条件を確認すると「20歳以上」となっているケースがほとんどであり、未成年の申し込みには対応していないことが多いです。

そのため、「未成年でも借りられるカードローンを教えて欲しい!」という人も沢山いるかと思います。

そこでこの記事では、未成年でも借りられるカードローンを紹介していますので参考にしてください。

未成年でも借りられるカードローンは「ガレッジ」

未成年でも借りられるカードローンは「ガレッジ」くらいです。

申込条件日本国籍の方で、高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学校生の方。安定した収入のある方
金利年15.0%~17.0%
限度額1万円~50万円(未成年は10万円まで)
審査時間最短即日
融資時間最短即日
返済日自由に指定可能
返済期間5年(最高60回)
担保・保証人不要
クーリングオフ初回契約日より8日間(未成年者は16日間)以内

ガレッジは高田馬場に店舗がある消費者金融です。

利用対象は高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学校生の学生になるため、正確にはカードローンというよりも「学生ローン」ですね。

そんなガレッジは、学生であり安定収入(アルバイト収入)があれば借入可能です。

もちろん未成年も含まれますので、19歳以下の人でも問題ありません。

未成年でも借りられる「ガレッジ」のメリット&デメリット

ここではガレッジのメリットとデメリットお伝えします。

メリットとデメリットをしっかり確認しておかないと、あなたにあった借入先なのかを判断ができないため、しっかりと目を通しておいてください。

ガレッジのメリット

  • 未成年でも親の承諾が不要
  • 専用カードでセブン銀行ATMから借入&返済が可能
  • 全国来店不要で申し込み~借入まで完結できる
  • 最短即日融資に対応しているので借入までが早い
もっとも大きなメリットは未成年でも親の承諾なしで利用できる点です。

未成年でも利用可能な学生ローンは他にもありますが、親の承諾が必要なケースがほとんどです。

それに対してガレッジは親の承諾が原則不要ですので、親バレせずに借入できます。

専用カードの発行があるのも魅力です。

専用カードでセブン銀行ATMから借入&返済ができるため、利便性が非常に高いです。

とくに「借りたい!」と思ったとき、すぐ借入できるのはとてもありがたいですね。

ガレッジのデメリット

  • 未成年だと限度額が最大でも10万円になってしまう
  • 土日祝日は営業していない
  • 大手業者のようなきめ細かいサービスは望めない
  • 総量規制の対象なので年収の1/3までしか借入できない
ガレッジの一番のデメリットは、未成年だと限度額が最大でも10万円になることです。

未成年は返済能力が低いと見なされますので、さすがに高額の融資には対応してくれません。

こればっかりは仕方ないですね。

親の承諾があればこの2つの方法でも借入可能

カードローン以外であれば、未成年でも親の承諾があれば、次の2つの方法でも借入可能です。

  • 18歳から利用できる学生ローン
  • 18歳から利用できるクレジットカード
それでは上記の2つについて以下より解説していきます。

18歳から利用できる学生ローン

先にお伝えしたように、学生ローンの中には18歳から利用できる業者があります。

そうした業者であれば、親の承諾が必要になるケースがほとんどですが、未成年でも借入できます。

18歳から利用できるクレジットカード

クレジットカードの中には18歳から利用できるものも多いです。

そしてクレジットカードには「キャッシング枠」を付帯させることができます。

キャッシング枠とは、クレジットカードを使ってATMやCD(キャッシュディスペンサー)から現金が引き出せるサービスのことです。

クレジットカードを作って、キャッシング枠を付帯させれば未成年でも借入可能です。

ただし、未成年がクレジットカードを作る場合、必ず保護者の同意が必要になります。

借入以外の選択肢も検討してみよう

ここまでお伝えしたように未成年の借入方法は限られるため、借入以外の方法も選択してみるのがおすすめです。

そこでこの章では、未成年でも借入以外でお金を作れる方法を紹介します。

買取りショップ

買取りショップに不用品を持ち込むという手があります。

買取りショップなら、不用品をその場で現金に換えてくれますのですぐにお金を得ることが可能です。

学生証や運転免許証などの身分証さえあれば、未成年でも問題なく利用できます。

買取りショップに不用品を直接持ち込むのが面倒な場合は、インターネットの「出張買取」や「宅配買取」を利用するのもおすすめです。

日払いバイト

日払いバイトをして稼ぐという手もあります。

インターネットの「アルバイト求人サイト」を使えば、日払いバイトが沢山見つかります。

条件どおりの報酬が確実にもらえるため、時間のある人は検討してみてはいかがでしょうか。

なお、すぐに報酬が欲しい場合は当日中に支払われるかをきちんと確認しておきましょう。

日払いバイトとなっている仕事でも、報酬は後日に支払うというケースもあるからです。

未成年がお金借りる方法まとめ

未成年でも借りられるカードローンは「ガレッジ」くらいなため、カードローンで借りたいならガレッジを検討しましょう。

カードローン以外で未成年が借入できる方法は、「18歳から利用できる学生ローン」・「18歳から利用できるクレジットカード」があります。

ただし、上記の2つは親の承諾が必要になるケースがほとんどです。

とくにクレジットカードは親の承諾が必須です。

そのため、親に内緒で借りたいのであれば、ガレッジくらいしか選択肢がありません。

親に知られても良いと言うのであれば、学生ローンやクレジットカードを検討しても良いでしょう。

必要な金額によっては借入しなくても、買取りショップや日払いバイトで対応できるケースもあるため、こちらも検討してください。

シェアをお願いします。