1. お金借りるならtop
  2. お金借りる
  3. ≫即日でお金借りるにはどうすればいい?今すぐ借りたい人がすべきポイントを解説!

即日でお金借りるにはどうすればいい?今すぐ借りたい人がすべきポイントを解説!

即日お金借りる方法の画像
「急な出費が発生し、即日でお金が必要になった!」

このようなとき、「どこでお金を借入すれば良いのか?」と迷ってしまいますよね。

この記事ではそうした疑問を解決できるように、即日でお金借りるポイントを解説しています。

当記事お読み頂ければ、即日でお金借りるポイントや申し込みの流れまでが分かるようになっています。

この記事を参考にして、即日借入に成功し、使いたいことにお金を使えるようになってください!

即日お金を借りたいなら大手消費者金融を選ぶこと

プロミス即日振込画像
お金を借りる方法は多数がありますが、即日融資となると消費者金融くらいに限られてきます。

消費者金融にも多数の業者がありますが、利用するなら大手消費者金融と呼ばれる以下の5社がおすすめです。

大手消費者金融5社
  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • レイクALSA
これら5社は簡単な申込手続をするだけで即日融資が可能であり、早ければ最短1時間程度で融資が受けられます。

また、24時間振込サービスや自動契約機などもあり、当日中に借入するための体制が整っているという点も魅力です。

このため、即日融資を希望するなら、大手消費者金融を選ぶのがもっとも適しているのです。

業者名 即日融資内容
プロミス 原則24時間最短10秒で振込可能
アコム 原則24時間最短1分で振込可能
SMBCモビット 原則24時間最短3分で振込可能

銀行カードローンは即日融資が不可なのでNG!

お金を借りる方法として、大手消費者金融と並びに人気なのが「銀行カードローン」です。

銀行カードローンも大手消費者金融とおなじく簡単な手続で借入ができ、さらに大手消費者金融よりも低金利で借りやすいというメリットもあります。

このため、「銀行カードローンも気になる!」という人も多いでしょう。

しかし、銀行カードローンは即日融資が100%不可能です。

銀行カードローンの審査はどんなに早くても1日はかかります。

審査には「警察庁データベースの照会」というものがあり、この作業の結果がでるのは照会日の翌日以降となるからです。

このため、即日融資を受けたいときは銀行カードローンを選ばないようにしましょう。

大手消費者金融で即日お金を借りるポイントはこの2つ!

ポイント画像
大手消費者金融で即日お金を借りるなら、次の2つのポイントが重要になってきます。

  • 申し込みは早めの時間帯にする
  • 在籍確認ができる日に申し込みする
即日融資にはこの項目が重要であるため、しっかりと詳細を確認しておいてください。

申し込みは早めの時間帯にする

即日融資を希望する際は、申し込みを早めの時間帯にするのが大事です。

即日融資を受けるためには、審査を当日中に終わらせなくてはいけないからです。

大手消費者金融の場合、審査に対応してくれる時間は以下のように決まってきます。

業者名 審査対応時間
アコム 9:00~21:00
アイフル 9:00~21:00
プロミス 9:00~21:00
SMBCモビット 9:00~21:00
レイクALSA 8:10~21:50(毎月第3日曜日は8:10~19:00)

審査対応時間が終了したあとは当然審査をしてくれないため、審査が完了し結果が通知されるのは翌日以降になってしまいます。

このため、申し込みする会社の審査対応時間内に審査を終えられるように、余裕を持って早めの時間帯に申し込みしてください。

遅くても審査対応時間の終了する2時間前には、申し込みを完了させておくのがおすすめです。

在籍確認ができる日に申し込みする

大手消費者金融に申し込みするのは、「在籍確認」ができる日にするというのもポイントです。

在籍確認とは、申込者が申告どおりの勤め先に所属しているかを電話で確認する作業です。

このため、大手消費者金融に申し込みすると申込先から勤め先に電話があります。

在籍確認が終わらないと、融資もされないため、即日融資を受けるには申し込みしたその日に在籍確認へ対応できることが必須です。

ただし、在籍確認は勤め先の人に任せても問題ありません。

勤め先の人が電話に出て、「本日は出社しておりません」などと回答しても、申込者が申告どおりの勤め先に所属していることが分かるからです。

電話も「非通知・担当者の個人名」でされるため、消費者金融の在籍確認とはまず分らないので安心してください。

勤め先の休業日に申し込みした場合はどうすれば良い?

勤め先の休業日に申し込みした場合は、その旨を申込先の担当者に相談してみましょう。

大手消費者金融の場合、在籍確認を電話ではなく、「電話以外の方法」という形に変更してもらえることが多いです。

その場合は、社員証や給与明細などの「勤め先を確認できる書類」を提出することで在籍確認としてもらえます。

大手消費者金融の審査で重視される項目も確認しておこう


大手消費者金融に申し込むと審査を受けることになりますが、審査の合否はおもに以下の3つで決まってくると言われています。

  • 申込情報
  • 信用情報
  • 提出書類や在籍確認
どの項目を審査の合否に直結してくる部分であるため、詳細をしっかりと確認しておく必要があります。

申込情報

大手消費者金融は「スコアリング審査」を採用しているとされているため、申込情報は審査の判断材料にされます。

スコアリング審査とは、申込者の個人情報をスコア化して、返済能力を判断する審査方法です。

大手消費者金融の申込時には、以下のような様々な個人情報を申告することになります。

  • 年齢
  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数
  • 家族構成
  • 居住形態
  • 居住年数
これらの個人情報にスコアが付けられていき、その合計スコアによって返済能力が判断されるのがスコアリング審査です。

このように大手消費者金融の審査では、申込情報が審査に使われるため、申込情報には嘘や不備がないようにしなくてはいけません。

嘘が発覚すると100%審査落ちになりますし、不備があった場合は再確認などの手間が発生し、審査に時間がかかってしまうこともあります。

場合によっては、審査が当日中に終わらずに即日融資を受けられないこともあるため、申込情報は正確に申告するようにしてください。

信用情報

大手消費者金融の審査でもっとも大きな影響があるのが「信用情報」です。

信用情報とは、いわゆるクレジットヒストリーのことで、クレジットカードやローンの利用歴だと思っておけばOKです。

大手消費者金融の審査に落ちてしまうのは多くの場合、信用情報に原因があるとされています。

中にでも以下の3つが審査落ちの原因になるケースが多いです。

  • 他社の借入が多すぎる
  • 他社の返済期日を守っていない
  • 異動(事故)情報がある
上記のどれかひとつでも当てはまってしまうと、審査落ちの原因になるため、詳細を把握しておいてください。

他社の借入が多すぎる

他社借入が多すぎると、「総量規制」に引っかかってしまい審査落ちになることがあります。

総量規制とは、貸金業者の融資は借り手の年収の3分の1までという法律です。

貸金業者とは、消費者金融・信販会社・クレジット会社の3つですので、大手消費者金融も含まれます。

総量規制の年収の3分の1までというのは以下の図のように、すべての貸金業者の借入を合計してです。

このため、他の貸金業者の借入が多すぎると、総量規制に引っかかってしまい100%審査に通りません。

また、銀行カードローンのような総量規制の対象外の他社借入についても審査に影響があります。

他社借入の金額や件数が多いほど、返済できる余力が少ないと見られてしまうことが多く、審査に不利となる可能性が高いからです。

そうしたことから、他社借入をしている場合はその金額や件数に十分注意が必要です。

他社の返済期日を守っていない

他社の返済期日を守っていないと審査落ちしやすくなってしまいます。

ここで言う他社の返済とは以下のようなものです。

  • クレジットカード
  • カードローン・キャッシング
  • フリーローン
  • 自動車ローン住宅ローンなどの各種ローン
  • ショッピングローンや携帯電話の本体分割払いなどの割賦契約
上記のような返済を期日どおりにしていないと、返済能力やお金に関しての信用が低いと判断され、審査落ちの原因になりやすいです。

このため、他社の返済期日はしっかりと守らないといけません。

異動(事故)情報がある

信用情報に「異動情報」がある場合、大手消費者金融の審査にはまず通りません。異動情報は「事故情報」や「ブラック情報」とも言われています。

異動情報とは主に以下の4つを指します。

  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)
  • 長期延滞
  • 強制解約
  • 代位弁済
こうした事故情報は、大きな返済トラブルを起こしたときに記録されるケースが多いです。

そのような人への融資は非常に危険なため、信用情報に事故情報の記録があると、大手消費者金融は問答無用で審査落ちにするケースがほとんどです。

提出書類や在籍確認

提出書類や在籍確認も審査のひとつです。

申込者が申込時に申告した情報はあくまで自己申告であるため、そのままでは嘘や不備があったときに分りません。

そのため、提出書類や在籍確認によって間違いがないかを確認するのです。

よって、提出書類には嘘や不備があってはいけませんし、在籍確認にはきちんと対応する必要があります。

大手消費者金融の審査に必要な書類も確認しておく

即日融資を受けるには時間が重要になってきます。

そのため、審査の申込前に必要な書類を確認しておき、準備しておくのがおすすめです。

そうしておけば、書類提出をスムーズにこなすことができ、審査時間と融資時間の短縮に繋げることが可能です。

大手消費者金融の必要書類はどの業者でも以下の2つです。

  • 本人確認書類
  • 収入証明
有効となる書類は各社によって少々ことなるものの、大きな違いはないため、今回は「アコム」を例にして解説していきます。

本人確認書類

本人確認書類はどの業者でも必須であり、有効となる書類はアコムの場合ですと以下のとおりです。

  • 運転免許証
  • 保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
本人確認書類は、上記のような身分を確認できる書類が必要になると覚えておけばOKです。

収入証明

収入証明はどの業者でも、以下の条件に当てはまる場合に必須です。

  • 限度額50万円超を希望する場合
  • 申込先の希望限度額と他の貸金業者の借入合計が100万円超になる場合
大手消費者金融のような貸金業者は上記に当てはまる人に対して、貸金業者法によって収入証明の所得義務があるため、必ず収入証明の提出を求めてきます。

アコムの場合ですと、以下の書類が収入証明として有効です。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書

大手消費者金融の審査に申し込みして借入するまでの流れ

大手消費者金融の借入までの流れは非常にシンプルで、インターネットから申し込みした場合ですと、以下のような流れになります。

1.公式サイトから申込手続
2.審査
3.書類提出
4.契約
5.借入

申込後は基本的に審査結果を待つだけで良く、審査も早ければ30分程度で終わります。

審査通過後は契約をし、契約後はすぐに借入できますので、即日融資を受けるのは難しくありません。

即日でお金借りるにはどうすればいい?まとめ

まとめ
即日にお金を借りたいなら大手消費者金融を選ぶのが最適です。

大手消費者金融は審査が早ければ30分程度で終わり、即日融資にも対応しているからです。

申込手続も簡単で、インターネットで申し込みから借入まで完結できます。

ただし、即日融資には「審査対応時間に気をつける」・「在籍確認が当日中できる」という注意点もあるので気をつけてください。

また、審査についてや必要書類、申し込みの流れなども事前に確認しておきましょう。

そうした点を把握しておき、大手消費者金融での即日融資を成功させてください。

シェアをお願いします。