1. お金借りるならtop
  2. プロミス
  3. ≫プロミスのアプリローンとは?メリット満載のサービスと審査から借入までの流れを解説!

プロミスのアプリローンとは?メリット満載のサービスと審査から借入までの流れを解説!

プロミスアプリローン画像
令和の時代は、お金もアプリを使って申込から借入することができます。

スマートフォンの普及によって、将来パソコンが不要になる説がありますが、実際に日常生活ではスマートフォンさえあれば、ショッピングも支払いも、借入もほとんどができる世の中になっています。

アプリは一度インストールしてしまえば、いちいち検索ブラウザを開く必要もなく、ショートカットで利用できるので非常に便利です。

アプリを使ってお金を借りるサービスを展開しているのは、主に大手消費者金融になります。

消費者金融は昔は金利が高く、あまり良いイメージを持っていない人がいるかもしれませんが、融資関連で最先端の顧客サービスを最初に行うのは、いつも大手消費者金融です。それだけ顧客に寄り添った考え方をしている証拠であり、銀行のグループ会社や子会社になってからは、昔の消費者金融とは全く別と考えるべきです。

消費者金融の中でも利便性や会員サービスに定評があるプロミスには、「アプリローン」という便利なサービスがあります。

この記事では、プロミスのアプリローンについて詳しく解説していきます。

「アプリローンについてよく知りたい!」という人の、役に立つ内容になっていますので、ぜひお読み頂ければ幸いです。

プロミスのアプリローンはスマホひとつで借入ができるサービス

セブン銀行スマホATM取引
プロミスのアプリローンはスマートフォンに専用アプリをダウンロードすることで、申し込みから借入までのほぼすべてを完結できるサービスです。

App Storeでダウンロード Google Playでダウンロード
Appからダウンロード googleplayダウンロード

アプリから申込しても、WEBから申込しても同じスピードになりますので、アプリローンで申込から最短1時間融資も可能となっています。

申込手続や書類提出、契約といった作業はスマホひとつで完了できるため、店舗や自動契約機への来店は不要です。

そして、契約後の借入は「セブン銀行のスマホATM」か「振込キャッシング」で行ないます。

セブン銀行のスマホATMと振込キャッシングは、アプリ上からの手続だけで口座への入金が可能です。

しかも、セブン銀行は24時間取り扱いができ、振込キャッシングも「瞬フリ」によって、原則24時間365日最短10秒で振込が可能です。

このように、スマートフォンで申込だけではなく、WEB契約、最短即日融資までできるのがプロミスのアプリローンになります。

アプリローンは借入以外にもこんなことができる

アプリローンは借入以外にも様々な事ができ、以下のようなこともアプリひとつで可能になっています。

  • 返済
  • 利用情報の確認
  • 店舗・ATM検索
  • 返済シミュレーション
  • 三井住友VISAプリペイドカードへのチャージ
  • 割引クーポン「アプリdeクーポン!」の入手
こうしたことから、プロミスのほぼすべてのサービスがアプリひとつで利用できるといっても過言ではありません。

冒頭で書いたように、アプリであれば、わざわざWEB検索でHPを探す手間も無く、時短で検索や手続きができます。

アプリローンは申込から借入までではなく、その後の取引でも便利になりますので、プロミスで借りるならインストールしておいて損はありません。

プロミス公式サイトはこちら>>

プロミスアプリローンのメリットとは?

メリット画像
プロミスアプリローンのメリットは以下の3つです。

  • スマホひとつで基本24時間365日借入できる
  • カードや契約書などの郵送を防げる
  • お得なクポーンの配布がある
細かいメリットは他にもありますが、初めて借りる人が最もメリットがある3点について解説していきます。

スマホひとつで基本24時間365日借入できる

アプリローンの最大のメリットは、スマホひとつで原則24時間365日借入できることです。

アプリローンの借入方法は先に述べたように、「セブン銀行のスマホATM」か「振込キャッシング」の2つです。

どちらも借入手続に必要なのはスマートフォンだけでカードは必要ありません。

借入できる時間も原則24時間365日ですので、時間や曜日を気にすることなく、借りたいときにすぐに借入が可能です。

中小消費者金融の場合、銀行の締め切り時間の関係で、平日14時までに振込手続きを完了しなければ、翌営業日に振込されることが一般的です。

仮に金曜日の16時に即日振込を依頼しても、振込されるのは月曜日の午前中になるのです。

プロミスは銀行振り込み対応時間拡大(該当金融機関はこちらから検索)によって、土日祝日でも、銀行締め切り時間後の夜間や早朝でも「瞬フリ」を利用することによって、最短10秒で即日融資ができます。

また、コンビニ最大手のセブンイレブンに設置してある、セブン銀行は24時間稼働していることから、カードが無くてもスマホ一つで借入・返済ができるのは、日本でもトップの利便性と言えます。

カードや契約書などの郵送を防げる

アプリローンで申し込みした場合、カード不要を選択すれば、郵送物が一切発生しません。

通常の申し込みですと、カードや契約書などの郵送物が発生するため、それらによって「借金がバレた!」というケースが少なからずあります。

しかし、アプリローンであれば、郵送物はゼロであるため、郵送物によって借入がバレる心配はありません。

カードは一発で借金がバレてしまうデメリットがあります。財布の中に入れておいて、仮に友達や家族に見られた場合、消費者金融のカードであれば、なかなか言い訳ができません。

もし、財布を落とした場合でも、消費者金融のカードが中に入っていたら、きっと借金をしている人なんだろう..と見られてしまいます。

このようなデメリットを防ぐためにも、カードは正直言って不要です。

以前までは、カードがなければ提携ATM等から借入や返済ができなかったので、どうしても持ち歩かなければなりませんでした。

しかし、アプリローンであれば、スマートフォンさえあれば、セブン銀行からいつでも借入・返済ができます。

もうカードによって借金がバレることは無くなるのです。これは利用者にとって大きなメリットと言えるでしょう。

アプリローンにはお得なクポーンの配布がある

アプリローンには、「アプリdeクーポン!」というクポーンの配布があります。

このアプリdeクーポンを利用すれば、ファーストフード店などの料金をお得にできます。

アプリdeクーポンはアプリローン限定の配布となりますので、他の申込方法では入手できません。

プロミスアプリローンのデメリットは?

デメリット画像
アプリローンには以下の3つのデメリットもあるため、確認しておきましょう。

  • ATMはセブン銀行のスマホATMしか利用できない
  • セブン銀行のスマホATMで借入や返済をすると利用手数料が発生する
  • 利用できない時間帯がある
この3つは確かにデメリット部分ですが、正直そこまで大きなデメリットでもありません。

スマホ対応の提携ATMは確かにセブン銀行しかありませんが、セブンイレブンはコンビニ最大手のため、余程の過疎地域以外であれば、セブン銀行はどこにでもあります。

また、利用手数料に関しても、他の消費者金融では提携ATM手数料有料なのが当たりませなので、プロミスのアプリローンだけではありません。

利用できない時間帯ぐらいがデメリットですが、その時間帯は深夜~朝であり、別曜日なら利用できるため、一般的には支障がないのです。

このことから、プロミスのアプリローンにデメリットと呼べる部分はほぼ無いとも言えますが、不便に感じる人はいるかもしれません。

3つのデメリット部分を下記に説明していきます。

ATMはセブン銀行のスマホATMしか利用できない

セブン銀行ATM画像
アプリローンで利用できるATMは、セブン銀行のスマホATMのみです。

そもそも、ATMがスマホ対応になっているのがセブン銀行ATMぐらいしかないのです。

ローソン銀行Enetと比較されることが多いのですが、ローソン銀行ATMもEnetATMも、2020年4月現在スマホ対応していません。

そのことから、アプリローンは他のATMは利用できないのです。

他のATMから出金をしたい場合は、振込キャッシングをして、自分の口座に振込融資を受け、振込先のキャッシュカードを使うという形になります。

プロミスの瞬フリは、原則24時間365日最短10秒で振込されるので、振込登録してある銀行のキャッシュカードがあれば、スマホから借入をしなくても、問題はありません。

セブン銀行のスマホATMで借入や返済をすると利用手数料が発生する

セブン銀行のスマホATMでは以下の利用手数料を取られてしまいます。

利用金額 利用手数料
1万円以下 110円
1万円超 220円

利用手数料が気になる場合、振込キャッシングで登録口座へ入金をして、その口座の金融機関のATMから出金をするというのが確実です。

提携ATM利用手数料が取られるのは、他の消費者金融も同様です。

銀行カードローンの場合、セブン銀行・ローソン銀行・Enetの提携ATM手数料は無料になっているところが多いですが、消費者金融は有料となっています。

借入・返済で利用できない時間帯がある

アプリローンの借入や返済は、利用できない時間帯があるので気をつけてください。

セブン銀行ATMの場合は「日曜日23:50~月曜日7:00」、振込キャッシングは「毎週月曜0:00~7:00」が利用できない時間帯になります。

しかし、セブン銀行と振込キャッシングの利用できない時間帯は被っていないため、どちらかは利用できます。

プロミス公式サイトはこちら>>

アプリローンの借入には審査がある!通過のための必須条件

審査通過条件
プロミスのアプリローンで借入するには当然審査に通過しなくてはいけません。

プロミスの審査基準は非公開であるため不明ですが、最低限満たしておくべきポイントというのはあります。

それは次の7つです。

  • 年齢20~69歳以下
  • 安定した収入がある
  • 総量規制に引っかかっていない
  • 他社の返済を延滞していない
  • 過去に金融事故を起こしていない
  • 在籍確認ができる
ちなみにこれは、アプリローンだけではなく、他のカードローンにも共通して言えることです。

年齢20~69歳以下

プロミスの利用可能年齢は「20~69歳以下」であるため、この年齢内の人しか借入できません。

上記の年齢外の人は、どんなに年収が高かったり、信用情報が優秀であったりしても利用できないので注意してください。

ちなみに、2022年4月1日より成人年齢が18歳に変更になります。

法律的に18歳以上であれば契約行為ができることになりますので、カードローンやクレジットカードも申込が可能となります。

プロミスも年齢を18歳以上に変更すると思われますが、あくまで次に説明する安定収入がある人が条件になります。

18歳で無職または学生で無収入であれば、総量規制で貸付ができません。

安定した収入がある

プロミスの申込条件には「安定した収入がある方」というような項目があります。

安定した収入とは、「職についており毎月収入があるか?」という部分です。

このため、審査に通過したいならアルバイトやパートでも良いので、毎月収入がないといけません。

安定収入は、今後安定的に収入がある見込みでも問題ありません。

仮にパートやアルバイトに入ってまだ1ヵ月だとしても、今後勤務していれば毎月給料をもらえるのなら、それは安定収入として見なされます。

総量規制に引っかかっていない

プロミスは貸金業者であるため「総量規制」の対象になり、他の貸金業者の借入と合計して年収の3分の1までしか借入できません。

ここで言う貸金業者とは、消費者金融・クレジット会社・信販会社の3つです。

また、以下のような借入をしており、その金額が年収の3分の1に達していると、プロミスでの借入可能額が0円となり、審査には100%通らなくなってしまいます。

  • 消費者金融や信販会社のカードローン・キャッシング・フリーローン
  • クレジットカードのキャッシング枠
クレジットカードはキャッシング(現金を借りる)は総量規制の対象に含まれますが、ショッピングは対象外になっています。

ショッピングの利用料金は割賦販売法が適用されるので、ショッピングでリボ払いが100万円あったとしても、総量規制の借入には含まれません。

総量規制の対象外の借入にも注意!

プロミスの審査では総量規制の対象外の借入も確認されるため、それらの金額や件数が多いと審査落ちの原因になりやすいです。

ここで言う総量規制の対象外の借入とは、銀行や信用金庫などのカードローンやフリーローンのことです。

上記のような借入は総量規制の対象外です。

しかし、プロミスの審査項目になるため、金額や件数が多いと「これ以上の融資は危険」と判段され、審査に通らないことがあります。

他社の返済を延滞していない

クレジットカードやローンなどの他社返済を延滞していないということも重要です。

返済期日を守らないような人はお金に関して信用できないため、審査落ちにされてしまうことが多くなっています。

仮に1日の延滞でも信用情報で遅れていることが分かります。

もしプロミスへの申込当日に支払い期日のカードローンがある場合、必ず返済(入金)をしてからプロミスに申込しましょう。

未返済で申込すると、返済のために借入申込をしていると判断され、返済能力が低いと見なされ、審査落ちまたは、審査が不利になります。

過去に金融事故を起こしていない

過去に「金融事故」を起こした場合、その記録が信用情報に残っていると審査に通過するのは難しいです。

金融事故とは、信用情報の「異動情報」とも呼ばれる、以下の4つを指します。

  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)
  • 長期延滞
  • 強制解約
  • 代位弁済
プロミスのような大手消費者金融は「自動スコアリング」という審査方法を採用していると言われており、金融事故がある人は問答無用で審査落ちにするとされています。

このため、信用情報に金融事故の記録があるとほぼ審査落ちになります。

ちなみに、信用情報上の異動情報の登録機関は5年を超えない期間と定められており、問題が解決されてから5年間は信用情報に登録されます。

この間、クレジットカードや各種ローンは全て組めなくなりますので、自分自身の信用情報は傷つけないことが大切です。

在籍確認ができる

プロミスの審査には「在籍確認」があるため、この在籍確認もクリアしないといけません。

在籍確認とは、「申込者は申告した職場で本当に働いているか?」という点を電話で確認するというものです。

よって、審査中に現在の勤め先にプロミスから電話があります。

この電話に対応できないと在籍確認ができないため、審査に通ることができません。

在籍確認は「担当者の個人名・非通知」でされる

プロミスの在籍確認は「担当者の個人名・非通知」でされるのが基本です。

電話内容も単に在籍を確認するだけですので、早ければ1分程度で終わってしまいます。

このため、会社に電話されるからといって不安になる必要はありません。

また、申込者本人以外が電話に対応しても、申込者がその会社に勤めていることは分かるため、他人が対応した場合でも在籍確認は完了します。

在籍確認は電話以外でも可能

プロミスの在籍確認は電話以外でもできるケースがあります。

審査担当者に相談すれば、「電話以外の方法」という形にしてもらえることもありますので、電話での在籍確認がどうしても嫌な場合は、審査担当者に相談してみましょう。

プロミスのアプリローンで借入するまでの流れ

この章では、プロミスのアプリローンで借入するまでの流れをお伝えしてきます。

まずは必要書類について解説していきますね。

必要書類を準備しておこう

必要書類は「本人確認書類」と「収入証明」の2点です。

本人確認書類は「運転免許証」か「パスポート」のどちらかを提出するのが基本です。

ただし、上記のどちらも用意できない場合は、他の書類でも可能な場合がありますので、プロミスの担当者に相談してください。

収入証明は以下の条件に当てはまる人が必要です。

1.限度額50万円超を希望する場合
2.プロミスの希望限度額と他の貸金業者の借入合計が100万円超になる場合

プロミスで有効な収入証明は次のとおりで、この中から1点を提出します。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 税額通知書(最新のもの)
  • 所得(課税)証明書(最新のもの/「収入額」と「所得額」の記載があるもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)

アプリローン申し込みから借入までの流れ

アプリローンの申し込みから借入までの流れは、以下のような感じになります。

1.スマートフォンにアプリローンをインストール
2.「新規お申込み」から申込手続
3.アプリのカメラ機能で必要書類を撮影する
4.審査
5.契約
6.セブン銀行ATMか振込キャッシングで借入

審査は最短30分で終了し、契約までは早ければ60分で完了します。

契約後は「セブン銀行ATM」か「振込キャッシング」ですぐに借入可能です。

プロミスアプリローンのまとめ

アプリローンCM
プロミスのアプリローンは、スマートフォンだけで申し込みから借入ができるサービスです。

アプリ上で申し込みから借入のほぼすべてが完結しますので、自動契約機や店舗にいく必要はなく、カード発行不要にすれば郵送物も一切発生しません。

借入方法である、セブン銀行ATMと振込キャッシングは原則24時間365日利用できますので、借りたいときにすぐ借入することが可能です。

このように、プロミスのアプリローンは手軽かつスピーディーにお金が借りられるサービスであるため、「できるだけ手早く借入したい!」という人に最適です。

ほぼメリットしかないので、電話や来店、WEBで申込するよりも、アプリをインストールして、アプリローンから申込した方がおすすめと言えます。

プロミス公式サイトはこちら>>

シェアをお願いします。