1. お金借りるならtop
  2. お金借りる
  3. ≫お金借りる審査が甘いとされる消費者金融ってどうなの?口コミは信用できるのか?

お金借りる審査が甘いとされる消費者金融ってどうなの?口コミは信用できるのか?

審査が甘い消費者金融は信用できるのか?
消費者金融には審査がありますので、「審査が甘い業者を知りたい!」という人は多いかと思います。

そんなときは、インターネットの口コミを参考にしようとする人もいるでしょう。

ただし、インターネットの口コミは度々やらせが問題になることがあるため、「信用できるのか?」という疑問もあります。

結論から言いますと、審査が甘いというような口コミは信用できません。

そこでこの記事では、審査が甘いという口コミが信用できない理由をお伝えしてきます。

この記事を読んでもらえれば、:審査が甘い業者はないことを知り、間違った選択をしないで済むようになります。

審査が甘いという消費者金融の口コミは信用できない!

女性のNG画像
審査が甘いと消費者金融の口コミは次の理由があるため、信用できません。

  • 審査をいいかげんにする消費者金融はない
  • 消費者金融は総量規制の対象になる
  • ブラックだとどの業者でも厳しい
  • 小さな業者ほど貸倒れに敏感
  • 中小の業者は審査担当者によって合否の基準が異なるケースがある
こうした理由があるため、審査が甘いという口コミは信用できず、それを信用してしまうと「騙された!」と後悔してしまうことがあるので、詳細を確認しておきましょう。

審査をいい加減にする消費者金融はない

そもそもどの業者であっても審査はきちんとおこないます。

消費者金融が審査をするのは、「問題なく返済していけそうか?」という点を確かめるためです。

返済できそうにない人にお金を貸してしまうと、貸し倒れをされる可能性があり、赤字になってしまうことがあります。

消費者金融は商売としてお金を貸していますので、赤字になる要因をなるべく排除しなくてはいけないため、審査をいい加減にするなんてことはないのです。

消費者金融は総量規制の対象になる

消費者金融は「総量規制」の対象であるため、融資金額の上限が法律で決まっています。

すべての貸金業者の借入と合計して、借り手の年収の1/3までしか融資できないため、貸金業者の借入額を必ず確認しなくてはいけません。

このため、消費者金融や信販会社。クレジット会社からの借入額がいくらあるのかを正確に確認されます。

ブラックだとどの業者でも厳しい

信用情報に金融事故の記録がある「ブラック」である場合、消費者金融の審査に通るのは難しいです。

ブラックですと、返済能力や信用に大きな問題があると判断されてしまうケースが多いからです。

このため、インターネット上の「ブラックでも借入できる!」というような情報の信憑性は低いです。

小さな業者ほど貸倒れに敏感

会社の希望が小さい業者ほど資金力が低いため、貸倒れには敏感です。

資金力がないと、貸し倒れになる人を許容できる数も限られてくるからです。

このため、中小消費者金融のような資金力が低い業者ほど、「申込者の返済能力は問題ないか?」と言う点を厳しくチェックされます。

中小の業者は審査担当者によって合否の基準が異なるケースがある

中小消費者金融の審査は、審査担当者の目視がメインになることも多いです。

よって、審査担当者によって合否の基準が異なるケースがあるのです。

おなじ業者であっても審査担当者によって、通るor通らないが変ってくることもあるため、口コミはあまり当てにできないケースがあります。

審査が甘い業者はないのになぜ中小消費者金融は緩いとされるのか?

ここまでの解説どおり、消費者金融に審査が甘い業者はありません。

しかし、それでもインターネット上では「中小消費者金融の審査は甘い」という噂が根強くあります。

その理由は「審査基準の違い」です。

中小消費者金融の場合、大手とは異なる審査基準を採用している業者が多く、そうした業者であれば大手でダメだった人でも審査に通過できることがあります。

そうした背景もあり、「大手では審査落ちになったけど、中小ならすんなり通った!」という人が、中小の業者は審査が甘いと口コミをしているのだと思います。

また、先にお伝えしたように中小消費者金融は、審査担当者によって合否の基準が異なるケースもあります。

審査担当者によっては合否のハードルが下がるケースもあるかもしれませんので、そうした背景も、中小の業者は審査が甘いと言われる一因になっているのでしょう。

消費者金融の審査は難しくない!諦める前に要確認

消費者金融の審査は甘くはありませんが、決して難易度が高いわけでありません。

次の3つのポイントに問題がなければ通過できる見込みは十分です。

  • 職に就いており毎月収入がある
  • 他社借入をできる限り減らす
  • 信用情報に悪い情報がない
上記の3つの条件をクリアできるのであれば、諦めるのはまだ早いため、詳細を確認しておいてください。

職に就いており毎月収入がある

消費者金融の審査で重要になってくるのが「安定収入」の有無です。

安定収入とは、「職に就いており毎月収入があるか?」という点になります。

このため、審査に通過したいなら、働いており毎月給料を得ていなくてはいけません。

毎月収入があるのであれば、その金額が1万円など極端に低くなければ大丈夫です。

よって、アルバイトやパートであっても問題ないので安心してください。

他社借入をできる限り減らす

消費者金融の審査では他社借入の金額や件数が審査に大きく影響するため、これらは少ないほど有利です。

まず、先にお伝えしたように総量規制があるため、貸金業者の借入は年収の1/3以下でないと審査に通りません。

貸金業者の借入が年収の1/3に達していなくても、それに違いほど審査落ちの可能性は高まるので注意していください。

次に総量規制以外の借入も少ないほど良いです。

総量規制以外の借入とは、おもに銀行のカードローンやフリーローン等です。

上記のような借入額や借入件数が多いと返済能力を低く見られますので、審査に不利となってしまいます。

このため、総量規制の対象外になる借入についても、できる限り減らしておくのがおすすめです。

信用情報に悪い情報がない

消費者金融の審査には信用情報の確認があります。

信用情報とは、クレジットカードやローンの利用情報だと思ってください。

消費者金融は信用情報を確認し、おもに「申込者は毎月返済してくれそうか?」という点を確認します。

このため、信用情報に次のような悪い情報があると審査に通りにくくなります。

  • 延滞記録
  • 事故情報(長期延滞・債務整理・強制解約・代位弁済)
クレジットカードやローンの返済をしっかりおこなわないと、上記のような情報が信用情報に記録されてしまいます。

そのため、利用中のクレジットカードやローンの返済期日は必ず守ってください。

審査に通過できそうなら、思い切ってチャレンジしてみよう!

前章の解説どおり、消費者金融の審査は最低限のポインを満たせば、通過できる可能性があります。

このため、「審査に通過できるかもしれない・・・」と感じたら、恐れずに消費者金融へ申し込みしてみましょう。

まずは大手消費者金融に申し込むのがおすすめ

はじめは大手消費者金融に申し込みするのが良いでしょう。

大手消費者金融の場合、サービスが充実しているため、中小の業者よりも申し込みの手軽さや契約後の利便性などが遥かによいからです。

また、融資までのスピードも大手のほうが中小よりも早い傾向にあります。

最短であれば即日融資が可能であり、即日融資の条件も中小よりずっと簡単ですので、すぐに融資が受けやすいです。

大手でダメなら中小消費者金融に申し込む

大手ではダメだった人でも中小なら審査に通過できる可能性が残されています。

中小消費者金融の審査も甘くはありませんが、大手と異なる基準を持っている業者が多いからです。

よって、大手消費者金融の審査に落ちてしまった場合は、中小消費者金融の審査にチャレンジしてみてください。

お金借りる審査が甘い消費者金融まとめ

まとめ
審査を適当にする消費者金融はありません。

よって、インターネット上の審査が甘いという口コミは信用しないようにしてください。

ただし、消費者金融の審査はそこまでハードルが高いわけではありません。

毎月収入があり、他社借入が多すぎ、信用情報に悪い情報がなければ通過するのは決して難しくないのです。

このため、審査に通らないと諦める前に思い切って申し込みしてみましょう。

まずは大手消費者金融に申し込みしてみるのがおすすめです。

それでダメなら、中小消費者金融を検討してみましょう。

シェアをお願いします。