1. お金借りるならtop
  2. 消費者金融
  3. ≫消費者金融借り換えならどこがおすすめ?メリット・デメリットの解説と低金利で借りれるカードローン一覧

消費者金融借り換えならどこがおすすめ?メリット・デメリットの解説と低金利で借りれるカードローン一覧

消費者金融借り換えのメリット・デメリット

「消費者金融で借入しているけど返済が苦しいので借り換えしたい!」

消費者金融は金利が高く、返済の負担が大きくなりがちなため、このように「今より金利の低いカードローンに乗換えたい!」という人は多くいるかと思います。

では、そんな時、どこで借り換えするのがおすすめなのでしょうか?

消費者金融から借り換えするなら銀行カードローンがおすすめ

消費者金融から借り換えするなら、銀行カードローンをおすすめします。

理由は、以下のように銀行カードローンのほうが「上限金利(一番高い金利)」が低い傾向があるからです。

カードローン名 金利
アコム 年3.0%~18.0%
アイフル 年3.0%~18.0%
プロミス 年4.5%~17.8%
SMBCモビット 年3.0%~18.0%
レイクALSA 年4.5%~18.0%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%~14.6%
楽天銀行カードローン 年1.9%~14.5%
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8%

上記のように、消費者金融の上限金利がほぼ18.0%で横並びなのに対し、銀行カードローンの場合は14.0%付近となっています。

借り換えを希望する場合、「今より利息を減らしたい!」という人がほとんどかと思います。

そのためには、現在よりも金利が低いカードローンを選ぶことが必須です。

しかし、カードローンの金利は審査によって決まりますので、審査を受けてみるまではいくらになるかわかりません。

また、口コミサイトなどを確認していると、最初は上限金利になっているケースが多いです。

このため、金利は上限金利が適応になると思って申し込みするのがおすすめなんですね。

そうした事から、消費者金融から借り換えするなら、上限金利が低い傾向にある銀行カードローンが最適なのです。

金利が数%違うだけでも利息に大きな違いがでる!

「銀行カードローンの上限金利が消費者金融より低くくても、たったの数%しか違わないので利息もそう変らないのでは?」、という疑問がある人もいるでしょう。

しかし、金利が数%違うだけでも利息は大きく変ってきます。

たとえば、30万円を金利18.0%、返済期間3年(1095日)で返済する場合、以下のようになります。

借入額30万円×金利18.0%÷365×返済期間1095日=162,000円

これが金利14.0%で借り換えできた場合、次のように利息が変化します。

借入額30万円×金利14.0%÷365×返済期間1095日=126,000円

金利18.0%から14.0%とたった4.0%下がっただけでも、利息は162,000円→126,000円と、36,000円も利息をカットすることができるのです。

このため、借り替えして金利が数%下がるだけでも、利息の軽減効果は十分見込めるんですね。

【要確認】銀行カードローンでの借り換えのメリット&デメリット

ここからは、銀行カードローンでの借り換えのメリットとデメリットをお伝えしていきます。

借り替え前にどのようなメリットとデメリットがあるかを把握しておくことは、非常に大事ですので、よく確認しておいてください。

借り換えのメリット

銀行カードローンで、消借り換えするメリットは以下のとおりです。

  • 総返済額を少なくできる
  • 提携ATMを利用しても手数料無料なことが多い
  • キャッシュカードで利用できるケースがある
  • 自動融資機能がつかえることがある

総返済額を少なくできる

銀行カードローンの借り換えの大きなメリットは、総返済額を少なくできる可能性が高い点です。

先に解説したとおり、銀行カードローンは消費者金融よりも上限金利が低いケースが多いため、借り替え前より低金利で借入しやすいです。

そのため、利息もおさやすくなっています。

提携ATMを利用しても手数料無料なことが多い

銀行カードローンは、提携ATMを利用しても手数料無料なことが多いです。

消費者金融の場合、コンビニや銀行などの提携ATMで利用すると、利用手数料をとられてしまうケースがほとんどですが、銀行カードローンは無料にできるケースがあります。

キャッシュカードで利用できるケースがある

キャッシュカードで利用できるケースがあるという点もメリットです。

銀行カードローンの場合、提供もとの銀行のキャッシュカードでサービスが利用できる場合があります。

このため、そうした銀行のカードローンであれば、「カードを見つかって借入がバレた・・・」といったことを防止することが可能です。

自動融資機能がつかえることがある

銀行カードローンには、「自動融資機能」が設定できるケースも多いです。

自動融資機能とは、引落しなどによって口座の残高が不足したとき、カードローン限度額の範囲内で自動的に融資をして、引落としができないという事態を防いでくれるサービスです。

このため、クレカの支払いなどの引落し日をうっかり忘れてしてしまっても、支払い遅れにならないというメリットがあります。

借り換えのデリット

銀行カードローンで、消借り換えするデメリットは以下のとおりです。

  • 審査が厳しくなる可能性がある
  • 審査に時間がかかるケースがある
  • 月々の返済額が増加することがある

審査が厳しくなる可能性がある

銀行カードローンの借り替えは、審査が厳しくなる可能性があるので注意です。

その理由は以下の2つです。

  • すでに借入のある状態で審査を受けるため
  • 審査を厳格化している傾向があるため

借り替えの場合、すでに借入している状態であるため、そうでないときよりも審査の難易度が上がります。

なぜなら、他社借入がある場合、その分だけ返済できる余力を少なく見られてしまう可能性が高いからです。

これは借り換え目的で申し込みしたからといって変ることはありません。

もうひとつの理由は、銀行カードローンは「過剰融資」の問題によって、審査を厳格化している傾向があるためです。

このため、近年は以前ほど審査に通りづらくなったと言われています。

審査に時間がかかるケースがある

銀行カードローンは審査に時間がかかるケースがあります。

審査が完了するのは、どんなに早い銀行でも申込日の翌日となり、銀行によっては1週間以上かかるケースもあります。

このため、消費者金融のように最短30分の審査・即日融資とはいきません。

月々の返済額が増加することがある

借り替え前より、月々の返済額の増加してしまうこともあります

銀行によっては、月々の返済額が消費者金融よりも高めに設定されていることがあります。

その分、返済は早く完了する可能性が高いですが、毎月の返済負担は大きくなるので注意が必要です。

消費者金融からの借換えにおすすめ!上限金利の低い銀行カードローン

ここからは、消費者金融から借り換えするのにおすすめの銀行カードローンを紹介していきます。

紹介しているカードローンは、消費者金融よりも上限金利が低く、さらに全国対応しているので借り替え先を選ぶ際の参考にしてください。

りそな銀行カードローン

金利 年3.0%~13.5%
限度額 最大800万円
審査時間 最短翌営業日
融資時間 最短翌営業日

りそな銀行カードローンの上限金利は13.5%となっています。

そんな、りそな銀行カードローンには次のようなメリットがあります。

  • 来店不要!申し込みから契約までWebで完結
  • りそな銀行で住宅ローンや給与振込を利用中なら、年0.5%の金利特典
  • りそな銀行のキャッシュカードがそのまま使える
  • オートチャージ(自動融資)機能あり
  • 利用残高に応じて「りそなクラブポイント」が貯まる

りそな銀行公式サイトはこちら

イオン銀行カードローン

金利 年3.8%~13.8%
限度額 最大800万円
審査時間 最短翌営業日
融資時間 最短5日程度
イオン銀行口座があれば最短翌営業日

イオン銀行カードローンの上限金利は13.8%です。

そんな、イオン銀行カードローンには、次のようなメリットがあります。

  • 来店不要!申し込みから契約までWebで完結
  • イオン銀行ATMなら利用手数料無料
  • イオン銀行の口座があればカード到着前に振込可能
  • 毎月の返済は最小で1,000円から
  • オートチャージ(自動融資)機能あり

イオン銀行公式サイトはこちら

ソニー銀行カードローン

金利 年2.5%~13.8%
限度額 最大800万円
審査時間 最短翌営業日
融資時間 最短翌営業日

ソニー銀行カードローンの上限金利は13.8%となります。

そん、なソニー銀行カードローンのメリットは以下のとおりです。

  • 来店不要!申し込みから契約までWebで完結
  • 仮審査は最短60分で完了
  • 「初回振込サービス」ならカードが届くまでに振込可能
  • 返済額は最低2,000円から
  • 利用明の自宅郵送なし
  • 借入時のATM手数料が月4回まで無料
  • 返済時のATM手数料が何度でも無料

ソニー銀行公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローン

金利 年2.0%~14.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短翌営業日
融資時間 最短翌営業日

みずほ銀行カードローンの上限金利は14.0%です。

そんな、みずほ銀行カードローンには、以下のようなメリットがあります。

  • 来店不要!申し込みから契約までWebで完結
  • 住宅ローンの利用で金利0.5%引き下げ
  • みずほ銀行のキャッシュカードで利用可能
  • みずほ銀行ATMとコンビニATMの利用手数料無料
  • オートチャージ(自動融資)機能あり

みずほ銀行公式サイトはこちら

J.Score(ジェイスコア)

金利 年0.8%~12.0%
限度額 最大1,000万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短即日

「J.Score(ジェイスコア)」は銀行カードローンではなく、消費者金融ですが上限金利が12.0%とかなり低いです。

そんな、J.Scoreのメリットは以下になります。

  • 来店不要!申し込みから契約までWebで完結
  • 審査時間は最短30分&最短即日融資が可能
  • AIスコアを上げるほど好条件で借入できる

J.Score(ジェイスコア)公式サイトはこちら

消費者金融借り換えならどこがおすすめ?まとめ

消費者金融から他社のカードローンに借り換えするなら、銀行カードローンがおすすめです。

銀行カードローンは消費者金融よりも上限金利が低いため、低金利で借り換えしやすくなっており、利息も軽減できる可能性が高いからです。

そのため、借り換え先には銀行カードローンを選択するのが得策となります。

スポンサーリンク

シェアをお願いします。