1. お金借りるならtop
  2. お金借りる
  3. ≫収入証明書不要で借りれるカードローンはどこ?免許証だけで借りる方法を教えます!

収入証明書不要で借りれるカードローンはどこ?免許証だけで借りる方法を教えます!

給料明細画像
カードローンの必要書類には「収入証明」がありますが、「現在手元にない・・・」という場合も少なくありません。

そのため、「免許証(本人確認書)だけで借りれないか?」という希望する人も多いかと思います。

結論から言いますと、収入証明書不要で借りれるカードローンはあります。

ただし、条件や注意点などの知っておくべきことがあり、それを知らないと収入証明なしでは借りれないこともあるのです。

この記事ではあなたが収入証明なしでカードローンを利用できるように、わかりやすく解説しています。

当記事を読んで、必要最小限の書類だけ借入できるようになってください。

収入証明書不要で借りれるカードローンは沢山ある!ただし条件つき

実は、収入証明書不要で借りれるカードローンは沢山あります。

多くのカードローンでは、少額の借入ならほとんど不要と言って良いくらいであり、収入証明が必須という商品のほうが少数派です。

ただし、収入証明が不要になるには条件があります。

そこで、カードローンとして現在主流である、消費者金融と銀行の収入証明書不要の条件を紹介していきます。

消費者金融の場合はこの2つ

消費者金融カードローンの場合、ほとんどの会社が次の2つを収入証明書不要の条件としています。

  • 限度額50万円以下の場合
  • 申込先の希望限度額と他の貸金業者の借入合計が100万円以下の場合
「限度額50万円以下の場合」とはそのままで、借入希望額が50万円以下のケースです。

「申込先の希望限度額と他の貸金業者の借入合計が100万円以下」というのは、以下のようなケースです。

  • 申込先の希望限度額:30万円
  • 他の貸金業者の借入合計:50万円(A社30万円・B社20万円)
上記のケースですと、2つの合計が80万円と100万円以下です。

このように、他の貸金業者(消費者金融・信販会社・クレジット会社)借入合計と申込先の希望限度額を合わせたとき、100万円を超えなければ収入証明不要というケースが多いです。

消費者金融の収入証明の提出条件は法律で決まっている

消費者金融の多くが先の条件を採用しているのは「貸金業法」が理由です。

先の条件の金額を超えた場合は、申込者に収入証明の提出をしてもらわなければ、融資してはいけないと決まってきます。

そのため、この法律をもとにして収入証明の提出の条件を決めている業者が多いのです。

銀行カードローンは限度額50万円以下が多い

銀行カードローンの収入証明不要の条件は各商品によってことなりますが、次のように「50万円以下」が多いです。

カードローン名収入証明書不要の条件
三井住友銀行カードローン限度額50万円以下
三菱UFJ銀行カードローン限度額50万円以下
みずほ銀行カードローン限度額50万円以下
オリックス銀行カードローン限度額50万円以下
りそな銀行カードローン限度額50万円以下
ジャパンネット銀行カードローン限度額50万円以下
イオン銀行カードローン審査結果により必要
楽天銀行スーパーローン金額に関わらず必要
銀行カードローンの場合、消費者金融のように法律で「いくらから収入証明が必要」という明確な決まりはありません。

従って、収入証明不要の条件は各行の判断によって任されています。

よって、以前は限度額が200~300万円超を越えない限り、収入証明は不要という銀行カードローンが多かったです。

しかし、近年、銀行カードローンの過剰融資が問題になったことで、自主規制する銀行が増え、2020年8月現在、多くの銀行カードローンが限度額50万円以下にしています。

審査の結果、収入証明が必要になるケースもある

先の章でお伝えした条件を満たせば、カードローンを収入証明なしで借りることが可能です。

ただし、例外もあり、審査の結果によっては収入証明が必要になるケースもあるのです。

以下は「オリックス銀行カードローン」の公式サイトからの抜粋ですが、「審査の結果によっては限度額に関係なく収入証明の提出を求める」という記載があります。

出典:オリックス銀行カードローン「商品説明書」

このようにはっきり記載してあるカードローンは少ないですが、他のカードローンであっても審査結果によって、収入証明が必要になるケースがあります。

それは以下のようなことが原因で、「もっと詳しく審査をする必要がある」と判断されたときです。

  • 属性スコアの点数が低い
  • 信用情報が良くない
  • 他社の借入額や借入件数が多い
  • 申告された年収が怪しい
収入証明なしで借りるには上記に当てはまらないようにする必要があるため、次章で詳細を確認しておいてください。

属性スコアの点数が低い

カードローンの審査では「属性スコア」が採用されているのが一般的です。

属性スコアとは、申込者の個人情報から返済能力をスコア化する審査方法です。

カードローンの申込時には年収や勤務先、住宅ローンや家賃の負担額、家族構成、居住形態など様々な個人情報を申告する必要があります。

それらの個人情報は「属性」と呼ばれ、スコア化の対象になるのです。

そしてすべての属性のスコアを合計して、申込者の返済能力が判断されます。

属性スコアのスコアが低い人の場合、返済能力に不安があるため、カードローン会社としても融資するのに不安があります。

そこで、収入証明の提出を求めて「ちゃんと返済していけるだけの収入があるか?」という部分を確認することがあるのです。

信用情報が良くない

カードローンの審査では「信用情報」を確認されます。

信用情報とは、クレジットカードやローンなどの利用記録のことです。

カードローン会社は信用情報を確認して、「この人は毎月ちゃんと返済してくれそうか?」という点を判断します。

そのため、「期日通りに返済していない」という情報があると審査に不利です。

返済期日を守っていない人はお金に関して信用できないですし、そもそもお金がなくて返済できない可能性があります。

そこで収入証明の提出をもとめ、働いており収入を得ているかを確認することがあるのです。

他社の借入額や借入件数が多い

他社の借入額や借入件数が多い人はお金に困っている人が多いです。

また、毎月の返済負担も大きくなる傾向にあるため、返済できる余力についても不安があります。

そうしたことから、「もっと詳しく審査をする必要がある」と判断され、収入証明の提出をもとめられることがあります。

申告された年収が怪しい

申告した年収を怪しまれると、収入証明の提出が必要になってくるケースがあります。

カードローン会社はこれまで審査によって得た膨大なデータを所有しています。

よって、勤務先や勤続年数、信用情報などから「この人の年収はこのくらい」と予想を立てられます。

そのため、「申告された年収に対して疑問がある。虚偽の申告をしてるかも?」と疑われることがあり、その際は収入証明の提出をもとめられます。

自営業だと収入証明が必要なケースが多くある

カードローンを利用したい人の中には自営業の人もいるでしょう。

自営業の場合、限度額に関係なく収入証明が必要になるケースが多いため、注意しなくてはいけません。

自営業ですと自宅が勤務先になっているケースも多いため、「在籍確認」をしても収入があるかを確かめられないという問題があります。

このため、収入証明を提出してもらい収入があるかを確かめるケースが多いのです。

そうしたことから、自営業ですと収入証明なしで借りるためのハードルが上がります。

とはいえ、必ず提出をもとめられるわけではありません。

属性スコアや信用情報が優秀であれば、収入証明なしで借りることも十分可能です。

収入証明が必要になったらどんな書類を用意すれば良いの?

仮に収入証明が必要になった場合でも慌てる必要はありません。

収入証明として有効な書類はカードローン会社によっても微妙に違いますが、以下のような入手しすいものばかりだからです。

  • 源泉徴収表
  • 納税通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書
提出方法もとても簡単で、スマートフォンやデジカメで撮った画像をネットから提出するか、FAXで送信するという方法が一般的です。

最近はスマートフォンのアプリ上から、撮影するだけで提出が完了する場合もあります。

収入証明書不要カードローンのまとめ

収入証明不要で借入できるカードローンは沢山あります。

収入証明不要の条件は限度額であるケースが多く、消費者金融と銀行カードローンであれば次のとおりです。

消費者金融のカードローンはこの2つが条件
  • 限度額50万円以下の場合
  • 申込先の希望限度額と他の貸金業者の借入合計が100万円以下の場合
銀行カードローンの条件
  • 「限度額50万円以下」であれば、原則収入証明なしというケースが多い
ただし、審査の結果によっては、限度額に関係なく収入証明が必要になることがあるので注意してください。

また、自営業は在籍確認をしても収入が確認できないため、収入証明の提出が必要なことが多いです。

収入証明が必要になった場合でも慌てないでください。

有効な書類は入手が難しいものではないため、苦労せずに用意できる場合がほとんどです。

シェアをお願いします。